(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ISSEY MIYAKEの歴代デザイナー/出身スタッフ一覧

 
 
イッセイミヤケのデザイナー変遷は、だいぶ複雑であると言われます。
そんな中、歴代のメンズ・レディースのデザイナー情報を知りたい人向けにわかりやすく情報をまとめてみました。
 
 
 

ISSEY MIYAKEレディース部門の歴代デザイナー

 
 

三宅一生(創業から1999年)

1938年生まれ。1970年代前半から約30年に渡って、パリコレのプレタポルテ部門の中心的デザイナーとして活躍。1990年代には映画「プレタポルテ」にも出演。1999年に高田賢三と同じタイミングで引退。2000年からは会社の監修者に

滝沢直己(2000年から2007年)

メンズに続いて創業者が引退するとレディース部門も任された。引退後は自らのブランドを立ち上げてNYコレクショんで活躍。2010年代からはユニクロなどの仕事で活躍

藤原大(2007年秋から2011年)

創業者同様に多摩美術大学の出身者。滝沢氏に続くレディースり3代目デザイナー

宮前義之(2012年から2018年)

1976年生まれ。レディースの4代目デザイナーで、監修者である創業者と共にTBS系「情熱大陸」にも取り上げられた。退任後はイッセイ社の新ブランドスタッフとして活躍

近藤悟之(2019年から)

レディース部門の5代目デザイナー

 
 
 
 

ISSEY MIYAKEメンズ部門の歴代デザイナー

 

三宅一生(創業から1993年)

世代交代を進める中で、1993年にメンズデザイナー職を辞し、若手の滝沢氏にまずメンズを託した

滝沢直己(1994年から2007年)

一足早くメンズ分野から撤退した創業者に替わり、13年に渡ってメンズの2代目デザイナーとして活躍

藤原大(2007年秋から2011年)

レディースと共にメンズも担当

デザインチーム(2012-2013年頃)

藤原氏退任後、約2年間は単独デザイナー制ではなくデザインチーム制を採用していた

高橋悠介(2014年から2020年初頭)

三宅一生氏が獲得できなかった「装苑賞」の受賞者。2013年春から20代後半という若さでイッセイミヤケのメンズ部門を牽引してきた。2020年1月に退任してからは「CFCL」というサステナブル系ブランドを立ち上げ、パリメンズコレクションにデビュー。

デザインチーム制(2020年春から)

高橋氏退任後、メンズ部門は再びデザインチーム制に移行した事が報道される

 
 
 

主な出身スタッフ一覧(メンズ/レディース)

 

小野塚秋良

三宅氏が会社を立ち上げたのち、1970年代半ばから会社の中心的スタッフとして活躍。その後、グループ内で「ZUCCA」を立ち上げて長くパリコレデザイナーとして塚役

津森千里

1980年代に会社の中心的スタッフとして活動。社内で自身の名がついたブランドを任され、東京コレクションでも活躍した

黒河内真衣子

文化服装学院を卒業したのちにスタッフとして活躍。独立後は自身のデザイン事務所を立ち上げ、「mame」というブランドでパリコレデビュー。

 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る