(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

クロエ(Chloe)の歴代デザイナー一覧

 
参考文献
クロエ公式サイト内の歴史情報
 


 
他のパリ系ブランドと比べてデザイナー交代劇が多い印象のクロエ。
そのクロエの複雑なデザイナー交代劇を知りたい人向けのデータです。
 
 
 

歴代デザイナー一覧(レディース)

 

ギャビー・アギョン

1952年に婦人服専門系のクロエを創業したエジプト出身女性。創業当時は自身で作品をてがけていた。

ジェラール・ピパール

創業期のデザイナー

ミシェル・ロジェ

創業期のデザイナー

カール・ラガーフェルド[第1期]

ドイツ出身の天才男性デザイナー。1964年から1983年までが第1期。この時期にクロエのプレタポルテ部門を大きく伸ばす

マルティーヌ・シットボン

1987年から4年くらい。1990年代半ばは自身の名を冠したブランドで

カール・ラガーフェルド[第2期]

1992年から約5年間、シャネル、FENDIと兼任してクロエのために再び働いた。かなり多忙な時期であった模様

ステラ・マッカートニー

1971年生まれのイギリス人女性で、ポール・マッカートニーの娘としても有名。セントマーチンズを卒業して間もなく、20代半ばだった1997年から約4年間、クロエをてがけた

フィービー・フィロ/ファイロ

2001年から約7年担当。セントマーチンズ時代のステラの仲良し同窓生。

パウロ・メリム・アンダーソン

フィービーのあと、わずか3シーズンのみ担当したポルトガル人男性。セントマーチンズ出身

ハンナ・マクギボン

2008年から約3年間。セントマーチンズ出身のイギリス人女性

クレア・ワイト・ウェラー

2011年から6年間担当。セントマーチンズ出身のイギリス人女性

ナターシャ・ラムゼイ・レヴィ(2017年から)

こちらはパリ生まれのフランス人女性。クロエの前はバレンシアガやルイヴィトンにてニコラ・ジェスキエールの部下として活動

 
 
 

デザイナー起用の傾向

 
 
カール・ラガーフェルドの印象が強いブランドながら、
長いスパンでみていくと女性を傾向する傾向。
 
また

  • フランスのブランドながら、なぜかイギリス人女性を重用
  • ロンドンのセントマーチンズ美術大学出身者が多い

という点も特徴と言える。
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る