digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

スチュアート・ビバース(ヴィヴァース/Stuart Vevers)

 
 
参考文献
CFDA公式サイト
スチュアート・ビバース公式インスタグラム
 
 

スチュアート・ビバースの経歴/プロフィール

 

性別

男性

生年月日/生まれ年は?

1973年生まれ

国籍/出身

英国

 
 
ビバースの顔写真(日本人モデル・KOKIとの2ショット)

 
 

生い立ちからマルベリー/LOEWEディレクター時代まで

 
 
英国・イングランドの中央部に位置する
サウス・ヨークシャー(South Yorkshire)という地域出身の男性。
 
18歳の頃にイングランド南部のロンドンに移り、
1990年代前半の時期にウエストミンスター大学にて
ファッションデザイン(ウィメンズウェア分野)を学ぶ。
 
1996年にウエストミンスター大学を卒業すると渡米し、
ニューヨークのトップブランドあるカルバン・クラインにて
社会人としてのキャリアをスタートさせた。
 
その後、アメリカ大陸からユーラシア大陸へと移り、

  • ボッテガ・ゔェネタ(イタリア/ミラノ系)
  • ジバンシィ(フランス/パリ系)
  • ルイ・ヴィトン(フランス/パリ系)

といった欧州系の世界的なバッグ系ブランドのスタッフとして腕を磨く。
 
2004年に母国である英国のロンドンに戻ると、
由緒ある英国の老舗バッグ系ブランド「MULBERRY(マルベリー)」にて
クリエイティブ・ディレクターとして活躍。
 
 
マルベリー時代の2006年には
ブリティッシュ・ファッション・アワード(現在のThe Fashion Award)にて
"アクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤー"を受賞。
 
 
3年後の2007年には、マルベリーを経て
スペイン発祥のパリ系老舗バッグ系ブランドの「LOEWE」より
クリエイティブ・ディレクターに任命される。
 
 

2013年にCOACHディレクターに就任

 
 
LOEWEのディレクターとして6年活躍したのち、
2013年秋にはアメリカ発祥の高級バッグ系ブランドである
COACHからリード・クラッコフ氏の後継者として招かれ、
同ブランドにてエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターとして活動するようになった。
 
 
 
2020年には世界最大規模のファッション賞である
「CFDA Awards」において
"アメリカン・アクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤー"にノミネートされる。
(TELFAR CLEMENSが受賞したため、2020年度に関してはノミネートどまり)
 
 
 
 
定番の黒縁メガネ&短髪ではない別の雰囲気の写真

 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る