digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ラフ・シモンズ(Raf Simons)

 
 

生年月日

1968年1月12日生まれ

性別

男性

国籍/出身

ベルギー

作風

「ミニマリスト」と称される傾向

主な職歴(雇われ)

JIL SANDER 2005-2012

Dior 2012-2015

Calvin Klein 2016-

 
 
 

初期キャリア

 
 
1968年にベルギーで誕生したベルギー人男性。
 
大半の世界的なベルギー人服飾系デザイナーは
17世紀創立のアントワープ王立芸術アカデミー出身ながら
彼の場合はもともとファッションデザイナーを目指していたわけでなく、
工業系の学校でデザインを学んだ歴史をもつ。
 
そして、卒業後は家具/インテリア系デザイナーとしてキャリアを歩み始めた。
 
 
そんな彼ながら方向転換して1995年に自身の名を冠した
メンズ衣料系ブランドを設立し、ファッションデザイナーへと転身。
 
1990年代からはパリコレクションのメンズ部門に参加するようになり、
わずかな期間の間に世界的なデザイナーーと飛躍した。
 
 
 

ジル・サンダー時代

 
 
2005年には創業者であるジル・サンダー氏(ドイツ人女性)の後継者として
ミラノコレクションのトップブランド
「JIL SANDER」のデザイナーに就任し、ミラノコレクションデビュー。
(ジル・サンダーは無駄な装飾性を省いたミニマリズム系の代表格で、
作風が被るラル氏に白羽の矢が刺さったと言われる)
 
それ以降、ラフシモンズのコレクション発表と共に
ジルサンダーも手がけるという多忙な生活がスタート。
 
そして、創業者の離脱により混乱に陥っていた
JIL SANDERブランドの復興に大きく貢献。
 
2010年代に入ってもJIL SANDERのトップとして活躍していたが、
約7年間に渡るコラボを終え、2012年2月発表の
2012-13AWコレクションをもってデザイナー(ディレクター)職を退任。
 
ちなみに、ラフ・シモンズの退任後、
JIL SANDERには創業者であり、ユニクロとの協業を終えてから
休養をしていたジル・サンダー氏が復帰した。
 
 

2012年にディオールのデザイナーに就任

 
 
JIL SANDERを離れて2カ月後の2012年4月には
ジョン・ガリアーノの後継者として
オートクチュール部門も保有するパリの最高級ブランド「Christian Dior」レディース部門の
新たなクリエイティブ・ディレクターに就任。
 
それ以降、

  • Raf Simonsメンズ
  • Raf Simonsレディース
  • Diorオートクチュール
  • Diorプレタポルテ(レディース)
  • Diorクルーズコレクション

 
と、5つのラインのデザイン、さらにDiorのアクセサリーまで手掛けるという
JIL SANDER時代以上の超多忙な状態となった。
 
その間には、超多忙なラフ氏の制作風景に迫る
「ディオールと私」というドキュメント映画が製作されるなど
ディオールのトップとしても大活躍。
 
ただし、超多忙なスケジュールが影響したのか、
ディオールとの関係はそんなに長くは続かず、
2015年秋にクリスチャン・ディオールから離脱。
 
そして自身のブランドのクリエイションに専念する事となった。
 
 
 

2016年にカルバン・クラインのトップに

 
 
ディオールから離脱してしばらくは自身のブランドに専念していたが、
この世界最高峰のデザイナーの事を放っておくブランドはなく、
2016年秋には、NYのみリマリズム系ブランド
「カルバン・クライン」から招き入れられ、
チーフ・クリエーティブ・オフィサーという役職に就任。
 
それからは自身の名を冠したブランドでパリコレに参加するほか、
カルバン・クラインのデザイナーとして
ニューヨーク・コレクションに参加するようになった。
 
 
 
 
VOGUE RUNWAY「Raf Simons」歴代コレクションアーカイブ
https://www.vogue.com/fashion-shows/designer/raf-simons
 
 


 
 
関連人物

 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る