(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ROCHASの歴代デザイナー一覧

 
プレタポルテ(既製服)事業や香水事業で成功してきた
パリのトップブランド「ROCHAS」の歴代デザイナー情報。
 
 
創業者死去後から本格的にプレタポルテ事業を再開させる
2000年代種痘までの情報は省略。
 
 

マルセル・ロシャス

1902年生まれ。1925年に若くしてROCHASを創業し、クリエイターとして活躍。1955年死去

1955-2002

省略

オリヴィエ・ティスケンス(2002-2006)

1977年生まれのベルギー人男性デザイナー。2002年に若くして老舗・ROCHASからプレタポルテ事業の復興を託され、2003年3月の2003-04秋冬コレクションでROCHASデザイナーとしてデビュー。そして、見事にROCHASブランドのプレタポルテ事業を復活させた。しかし、親会社がROCHASの衣料事業を一時閉鎖する事になり、2006年夏に退任

マルコ・ザニーニ/Marco Zanini(2008年頃から2013年)

オリヴィエの後継者として2008年頃に就任(細かいシーズンは不明)。2013年秋の2014SSシーズンまで約5年間デザイナーを担当

アレッサンドロ・デラクア(2014-2019)

イタリアの歴史を代表する大物デザイナー。2013年秋に就任し、2014年春の2014-15秋冬シーズンにデビュー。2019年末に退任を発表し、2020年春の2020-21AWがラストコレクションに。

べアトリス・フェラン(メンズ)

2010年代後半にメンズ衣料も本格化させ、2018年頃にわずか約1年のみ在籍

フェデリコ・クラーディ/Federico Curradi(メンズ)

2019年からメンズ部門のデザイナーとして活動

2020-2021デザイナーデザイナー不在

デラクア離脱後、2021SS・2021AWはレディース部門デザイナー不在。VOGUE RUNWAYにもこの2シーズンのショーレポートはなし。

シャルル・ドゥ・ヴィルモラン/Charles de Vilmorin(2021年秋から)

2019年にパリの名門専門学校を卒業したのち、2021年1月の2021SSからは20代前半という若さでパリコレクションのオートクチュール部門に公式参加。その翌月となる2021年2月、24歳という若さで老舗・ブランドROCHASの新たなデザイナーに指名される。そして、2021年秋の2022SSシーズンにロシャスデザイナーとしてデビュー。ロシャスの仕事に専念するためか、202年夏以降は自身のブランドを通じたパリコレ・オートクチュール参加を休止

 
 
デラクア離脱後、2020年秋の2021SSシーズン、は誰が中心となってレディースを率いていたのかは不明
 
 
 

 
 
各デザイナーによる歴代コレクション
https://www.vogue.com/fashion-shows/designer/rochas