digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

ジョン・ガリアーノ(John Galliano)

 
 
国籍=英国
1960年生まれ
男性
 
 

[初期キャリア]

 
 
英国領のジブラルタル出身。
幼少期にロンドンに移住。
 
世界的な服飾専門学校のセントマーチンズで学んだのち、
自身の名を冠したブランドを設立し、ロンドンコレクションに参加しはじめる。
 
その後、1990年にパリコレへ進出し、
プレタポルテ分野のトップデザイナーへと急成長。
 
 
 
 

[ジバンシィを経てディオールに]

 
そんな中、オードリー・ヘップバーンの衣装制作者としても知られる巨匠、
ユベール・ド・ジバンシィが1995年にパリモード界から引退する事になり、
フランス人ではないものの、伝統あるGIVENCHYの2代目デザイナーに抜擢された。
 
ただし、GIVENCHYとの関係は長く続く事はなく、
就任からわずか1年となる1996年にジバンシィから
クリスチャン・ディオールへと移籍。
 
以降、クリスチャン・ディオールの
オートクチュール
プレタポルテ
両分野のデザイナー(クリエイティブ・ディレクター)として活躍し出した。
 
2000年代に入ってからもますますの成長を遂げ、
カール・ラガーフェルドなどと並ぶ世界最高ランクの扱いを受けるデザイナーに。
 
 
ただし、2011年に泥酔した状態の中で
ある差別的な発言をしたことが大きな問題となり、ディオールから解雇される。
 
その後、自身のシグネチャーブランド
「John Galliano」の仕事からも離脱する事となった。
 
 
 

[マルジェラで復帰]

 
その後、2014年秋にディオール同様にパリのトップブランドである
「Maison Margiela」のクリエイティブ・ディレクターに就任し、
2015年から同ブランドにて本格的な活動を再開させた。
 
そして、再び世界的なデザイナーとして活躍。
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る