digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ドミニク・モルロッティ(Dominique Morlotti)

 
パリモード界で最も成功したメンズ系デザイナーの1人。
 
 

  • 性別
    • 男性
  • 生年月日
    • 1950年1月8日生まれ
  • 出身地
    • フランス
  • 主なデザイナー歴
    • ピエール・バルマン(メンズ) 1980-1983
    • クリスチャン・ディオール(メンズ) 1983-1992
    • LANVIN(レディース・プレタ/メンズ) 1992-2001

 
 
1950年初頭にフランスのパリにて誕生。
 
学生時代は文学を専攻していた人物であるが、
短期間の教職経験を経て若い頃にパリモード界に転身し、
20代半ばであった1975年にテッド・ラビデュスの店に入り、
店内スタッフとして活動する傍ら、独学で服作りを学び始める。
 
1979年からはポピー・モレニのアシスタントとして働き始め、
同ブランドのレディース部門のクリエーションに深く関わる。
 
30歳を迎える翌1980年にはパリのトップブランドである
ピエール・バルマン(現BALMAIN)において
メンズ部門のデザイナーに抜擢された。
 
1983年にはクリスチャン・ディオールのルメンズ部門にあたる
クリスチャン・ディオール・ムッシュ―
(Christian Dior Monsieur)
のデザイナーに就任し、パリメンズコレクションの中心的なデザイナーとして長く活躍。
 
1990年にはディオ―ルの仕事をしながら自身の名を冠した
「ドミニク・モルロッティ(Dominique Morlotti)」
というメンズのプレタポルテブランドを創設し、
コレクション発表をスタート。
 
実に9年に渡ってディオール・ムッシュ―のデザイナーとして
大活躍してきたが、1992年には同職を退任すると共にディオールから退社し、
今度はディオールより遥かに長い歴史をもつLANVIN社に入社。
 
そしてクロード・モンタナの後継者として
LANVINのレディース・プレタポルテ部門、
並びにメンズ部門のデザイナーとして2001年まで9年に渡って活躍。
 
なお、2001年にLANVINから去ったのち、
同ポジションにはイヴサンローランなどで活躍していた
アルベール・エルバスが就任した。
 
 
1994SSパリコレ「LANVIN」ショー映像(フィナーレにデザイナー登場)

 
 
 
 


 
関連人物

 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る