digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

オリビエ・ティスケンス(Olivier Theyskens)

 
国籍=ベルギー
性別=男性
生年月日=不明(1970年代後半生まれである事は判明済み)
 
 
まだ20代半ばであった2002年にパリの高級ブランド、
ROCHASのクリエイティブ・ディレクターに就任。
 
同メゾンのディレクターとして約5年活動したのち、
今度は2007年より同じくパリ高級ブランド「NINA RICCI」に移籍。
 
約1年半、ニナリッチで勤務したのち、
今度はファーストリテイリング(日本)傘下のアメリカ系ブランド
「Theory(セオリー)」
のディレクターに就任し、NYコレクションでトップデザイナーとして活動し出した。
 
 
2014年にセオリーを離脱してからは
2016年に自身の名を冠した「Olivier Theyskens」というシグネチャーブランドを満を持して創設。
そして、このブランドを通じてパリコレに参加するようになった。
 
 
パリコレでの評価がどんどん高まっていく中、
2020年2月にはパリの高級ブランド「Azarro」の男女両部門新ディレクターに就任。
(就任時点では、Azarroの仕事をスタートしたからも自身のシグネチャーブランドの活動は休止する事なく継続する意向を明かしている)
 
 
 
 

オリビエ・ティスケンスの職歴

 
[外部ブランド]

  • ROCHAS(フランス)・・・・・約5年間
  • NINA RICCI(フランス)・・・・・約1年半
  • Theory(アメリカ)・・・・・約4年間
  • Azarro(フランス)

 
[自身のブランド]

  • Olivier Theyskens(2016-)

 
 
 

 
digital-zasshi.jpトップページに戻る
 

 
 


 
 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
 
[国内系]

 
 
 
[海外系デザイナー]

 
 
 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る