digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

ジャンフランコ・フェレ(Gianfranco Ferre)

 
アルマーニ、ヴェルサーチと並ぶ「ミラノ3G」の一人。
 
1944年生まれ
男性
イタリア人
 
1944年にミラノからも近いイタリア北部の
レニャーノという街で生まれる。
 
その後、上京してミラノ建築系大学に進学して建築を学ぶ。
しかし、卒業後は建築分野で本格的に活動する事はなく、
1970年代半ばからファッションデザイナーとして活動し出した。
 
1978年には自身の会社を設立すると共に
自身の名を冠したレディースブランド
「Fianframco Ferre」
を立ち上げてミラノコレクションに参加し、
Giorgio ArmaniやGianni Versaceなどと共に活躍し始め、
次第にGiorgio・Gianfranco・Gianniの3人は「ミラノの3G」と称されるようになる。
 
1980年代を通じてミラノコレクションのトップデザイナーとして活躍する中、
イヴサンローラン(2代目)の離脱後、1961年から28年に渡って
クリスチャン・ディオールを指揮してきたマルク・ボアンの離脱後、
1989年にはパリを代表するブランド、クリスチャンディオールの
4代目デザイナーとして活動しはじめる。
 
 
そして、圧倒的な才能でディオールのブランド価値を
更に高める事に大きく貢献した。
 
なお、1989年にディオールのデザイナーに就任してからも
自身のブランドは閉める事なく、引き続きミラノコレクションに出展してきた。
 
 
7年に渡ってディオールにて多大な功績を残してきた
ジャンフランコであったが、1996年夏にディオールデザイナーを退任。メゾン・ディオールは英国系デザイナーのジョン・ガリアーノへと託された。
 
 


 
ディオール退任後は、
ミラノコレクションにおける自身のブランドの活動に再び専念。
 
 
2007年6月に62歳で亡くなる直前である
2007-2008年秋冬ミラノコレクション(2007年2月開催)まで
「ジャンフランコ・フェレ」創業デザイナーとして活躍し続けた。
 
 
イタリア系デザイナーの中で、最も世界的に活躍した人物の一人。
 
 

 
digital-zasshi.jpトップページに戻る
 

 
 


 
 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
 
[国内系]

 
 
 
[海外系デザイナー]

 
 
 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る