digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

アイザック・ミズラヒ(Isaac Mizrahi)

 
参考文献
CFDA公式サイト
アイザック・ミズラヒ公式サイト(isaacmizrahi.com)
アイザック・ミズラヒ公式ツイッター
 
 
ミズラヒ氏の顔写真

 
 


 

生い立ちから1980年代

 
 
1961年秋にアメリカ・ニューヨークのブルックリン地区で誕生した
ユダヤ系の地を継ぐ男性。
 
実家はアパレル系の仕事をしていた。
 
世界最高ランクの服飾教育機関の一つである
ニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザインで学んだのち、
ペリー・エリスをはじめとする
ニューヨークのトップデザイナーのもとで修業を積む。
 
その後、独立して1987年に自身の名を冠した
Isaac Mizrahiというレディースブランドをスタートし、
ニューヨークコレクションにデビューすると瞬く間に
NYのトップデザイナーへと成長。
 
そして、1988年にはCFDA(アメリカ・ファッションデザイナー協議会)より
有望なNY/アメリカの若手デザイナーを対象とする
「ペリー・エリス(Perry Ellis)賞」を授与された。
ちなみに前年の1987年には同賞をマーク。ジェイコブスが受賞している。
 
 

1990年代(全盛期)

 
 
1990年代に入っても大きな賞を受賞するなどNYでますます躍進し、
NYコレクションの大規模なショーには
1990年代を代表する世界的スーパーモデル達がこぞって出演するようになった。
 
スーパーモデルブームが吹き荒れる中、
1995年にはアイザックと彼のショーに出演していた
スーパーモデル達をメインロールとする
「Unzipped(アンジップド)」
というNYコレクション開催の舞台裏に迫った
ドキュメント映画が知られ、その人物像が広く世間に知れ渡った。
 
 
しかし、1990年代後半にパリのCHANELとの提携関係が終了し、
それと共にNYコレクションから撤退し、表舞台から一旦姿を消す。
 
 
 

2000年代(後半に復活)

 
 
2000年代前半・半ばまでは沈黙の期間が長く続いたが、
2000年代後半に入るとNYコレクションに復帰して
大きなショーを開催するようになり、
アギネス・ディーン、ココ・ロシャなど
当時のスーパーモデルがショーに出演する中でスターデザイナーへと返り咲く。
 
 
 

2010年代以降(マルチに活動)

 
 
2010年代に入ると再びNYコレクションからは姿を消し、
ハイファッションデザイナーとして第一線を退く。
 
その後はTVリポーターや審査員などとして主に活動。
 
ただしファッションデザイナーとして完全に引退する事はなく、
「Izaac Mizrahi LIVE」というQVC通販ブランドのデザイン業では活躍。
 
 
その他、近年ではもともと歌を歌うのが好きだった事を活かし、
歌手として活動している事も公式ツイッターにて判明している。
 
 
 
 
VOGUE RUNWAYの「アイザック・ミズラヒ」歴代コレクションアーカイブ
https://www.vogue.com/fashion-shows/designer/isaac-mizrahi
 
 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る