digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

ダナ・キャラン(Donna Karan)

 
 
参考文献
CFDA公式サイト
ダナ・キャラン氏の公式SNS
 
 
 


 
 
生年月日=
1948年生まれ
 
国籍=
アメリカ合衆国
 
性別=
女性
 
 

生い立ちからAnne Kleinデザイナー時代まで

 
 
NY州のロングアイランドという地域の出身。
父は仕立屋で母はモデルなどとして働いてきた服飾系の家庭のもとに生まれる。
 
 
NYにある世界的な服飾系専門学校
「パーソンズ・スクール・オブ・デザイン」を卒業したのち、
Anne KleinというNYのトップブランドにおいて3年間働く。
 
1974年に創業者のAnneKlein氏が亡くなると、
ルイス・デロリオ(Louis Dell’Olio)氏と共に後継者に指名され、
以後、約10年間に渡ってAnne Kleinのデザイナーとして活躍。
 
 
 

Donna Karanを設立して世界的デザイナーに

 
 
1980年代半ばにAnne Kleinを離れて独立し、
日本のタキヒヨーという会社の助けを借りながら自身の会社を設立し、
自身の名を冠したDonna Karanというブランドを立ち上げる。
1989年にはDKNYというセカンドラインもスタート。
 
 
1990年代前半から
ファーストライン=ダナ・キャラン
セカンドライン=DKNY
両方のブランドを通じてNYコレクションに参加しはじめると
瞬く間に

  • ラルフ・ローレン
  • カルバン・クライン

などと並ぶNYコレクションのトップブランドへと成長。
 
 
日本においても両ブランドは高い人気を獲得し、
日本でもお馴染みのファッションブランドとなった。
 
2000年代に入ってもさらに名声を高め、
世界的なデザイナーの1人として扱われるまでになる。
 
 
 

2015年に引退

 
2010年代に入ってもマーク・ジェイコブスなどと共に
NYを代表するファッションデザイナーとして活躍していたが、
60代半ばを迎えた2015年にデザイナーを引退。
 
後任を指名してNYコレクションに参加し続ける事はなく、
ダナ・キャランブランドはNYコレクションから姿を消した。
 
 
引退後はスローな生活をおくりながら
充実した日々をインスタグラムを通じて発信し続けている。
 
 
 
ダナ・キャラン氏の公式インスタグラム
https://www.instagram.com/donnakaranthewoman/
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る