(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ジャンポールゴルチエの歴代デザイナー/出身スタッフ

 
 
プレタポルテからスタートし、
約20年後にオートクチュールをスタートさせたという特異な歴史をもつ。
 
 

ジャンポールゴルチエの歴代デザイナー/出身スタッフ

 

プレタポルテ部門

 

ジャンポール・ゴルチエ

1976年の創業から2014年秋のプレタポルテ引退まで、創業者が38年間に渡ってデザイナーとして活躍

 
 

オートクチュール部門(Gaultier Paris)

 
2020年1月にオートクチュールの世界からも引退したのち、コロナパンデミックを経て2021年からはゲストデザイナー制を採用。
 

ジャンポール・ゴルチエ

1990年代後半の誕生から2020年1月まで

ゲスト第1弾:阿部千登勢(sacai)

2021年7月の2021FWコレクション。記念すべきゲストデザイナー第一弾に選ばれたのは、ゴルチエ氏とのゆかりが深い日本のデザイナー、阿部千登勢。フィナーレでは両氏が共にランウェイに姿を現した。

ゲスト第2弾:グレン・マーティンス(DIESEL/YPROJECT)

2022年1月2022SSコレクション

ゲスト第3弾:オリビエ・ルスタン(BALMAIN)

2022年7月の2022FWコレクション

 
 
 
 
 

ジャンポールゴルチエの主な有名出身スタッフ/弟子たち

 
 

マルタン・マルジェラ

アントワープ王立芸術アカデミーを出て隣国フランスへと渡ってから新人時代にゴルチエで修業を積んだ。その後、1989年に自身のブランドを設立。2000年前後にはエルメスのデザイナーを務め、その職を退任するとエルメスを師匠であるゴルチエ氏に任せたという歴史をもつ。

中島篤

2004年代半ばからゴルチエ氏の右腕として大活躍したのち帰国。自身のブランドを設立してミラノコレクションで活躍