digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)

 
https://models.com/people/maria-grazia-chiuri
 
 
生年月日=1964年生まれ
出身/国籍=イタリア
 

 


 
 
 

生い立ちと初期キャリア

 
 
1964年にイタリアの首都であるローマにて誕生。
 
のちに長く相棒として活動する事になる
ピエールパオロ・ピッチョーリと共にローマのデザイン学校で学んだのち、
ミラノの高級ブランド「FENDI」入りし、
同時期に同じくFENDI入りしたピッチョーリと共に
FENDIにてアクセサリー部門の主要スタッフとして活躍。
 
 


 
 

VALENTINO時代(1999-2016)

 
10年間に渡ってFENDIのスタッフとして活躍したのち、
同じくイタリア系のブランドでパリコレに長く参加する
VALENTINOに相棒のピッチョーリと共に移籍し、
ピッチョーリと共に新規立ち上げのアクセサリー部門のデザイナーとして活躍。
 
2008年に創業者のバレンティノ・ガラヴァーニ氏が
パリモード界から完全に引退すると、
ピッチョーリと共に同ブランドの2代目デザイナーに抜擢。
 
以降、ピエールパオロ・ピッチョーリとのデュオで、
VALENTINOブランドの更なる発展に大きく寄与し、さらに評価を上げる。
 
 
 
 

DIORに移籍

 
2010年代半ばまでVALENTINOのトップとして
大活躍していたキウリながら
2015年秋にラフ・シモンズずクリスチャン・ディオールの
クリエイティブ・ディレクターを退任すると、
後任として白羽の矢が立ち、同ブランドに移籍する事に。
(オートクチュール部門のクリエイションも任される)
 
これによりピッチョーリとのデュオは解消され、
2016年夏からVALENTINOはピッチョーリの単独体制に。
 
一方、ディオールの新たなクリエイティブディレクターに就任したキウリは
2016年秋開催のパリコレ(プレタポルテ)2017SSで
ディオールのデザイナーとしてデビューを果たす。
 
さらに2017年1月にDiorのオートクチュールデザイナーとしてもデビューした。
 
 
 

豆知識

 

  • 出身はローマながらフィレンツェに8年間住んでいた時期もあり(公式インスタ情報)

 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る