digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

サラ・バートン(Sarah Burton)

 
 

生い立ちから創業者の片腕時代

 
 
■生年月日=
1974年生まれ
 
 
英国・イングランド中西部のマンチェスター出身。
 
母国のイギリスのロンドンにある世界最高ランクの服飾/美術系専門学校、
「セントラル・セントマーチンズ」
でステラ・マッカートニーやフィービー・ファイロとほぼ同時期に服作りを学びだし、
卒業する一年前となる1996年からは同校の大先輩である
英国人天才デザイナー、アレキサンダー・マックイーン氏のアトリエで働きだすようになり、
セントマーチンズを卒業した1997年からはマックイーンブランドの正式スタッフに
 
2000年頃からはアレキサンダー・マックイーンのレディース部門において
ヘッドデザイナーというポジションに就いて
創業者に替わって実質的なレディース分野の実権を握るようになり、
以降、長きに渡ってマックイーン氏の片腕として重要な役割を果たしてきた。
 
しかし、そんな彼女に悲劇が起こる。
 
それは、2010年秋冬シーズンのパリコレクション直前時期(2月)に
創業者であるマックイーン氏が突如亡くなった事(自殺と言われる)。
 
 
 
 
 

2010年、後継者として2代目デザイナーに就任

 
 
世界中の業界関係者の間では、
創業者が亡くなった中、外部からデザイナーを新たに雇うのか、
それとも主要スタッフの中から2代目デザイナーを選ぶのか、
大きな注目が集まった中、創業者の師から3カ月が経過した
2010年5月にマックイーンブランドの
2代目デザイナー(クリエイティブ・ディレクター)に就任する事が発表されると、彼女の名は一躍世界中に轟いた。
 
 
 
以降、パリやロンドンを舞台として
アレキサンダー・マックイーンの

  • レディース
  • メンズ

両部門のデザイナーとして活躍し、
2011年末には早くも
「ブリティッシュ・ファッション・アワード」において
デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。
 
その後も活躍を続ける中で
セントマーチンズの先輩であるステラ氏などと並び、
世界最高ランクの女性デザイナーの1人として扱われる存在となった。
 
2020年には2代目デザイナー(クリエイティブ・ディレクター)として10周年を迎えた。
 
 
 
 

サラ・バートンの顔写真

 
名前は有名ながら、意外とどんな顔かは知られていない

 
 
関連動画
 

 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る