(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

アン・ヴァレリー・アッシュ(Anne Valerie Hash)

 
参考文献
ANDAM賞公式サイト
https://andam.fr/en/laureats/anne-valerie-hash/
Victoria and Albert Museum(英国)公式サイト
http://www.vam.ac.uk/content/articles/f/fashion-in-motion-anne-valerie-hash/
 
 


 
 

生年月日

1971年生まれ

性別

女性

国籍/出身

フランス

作風の特徴

メンズライク

モノシーン系の色使い(白服または対象的な黒服が多い)

参加コレクション

2002年から2013年頃まで

 
 

2000年代前半から約10年からパリコレで活躍

 
 
1971年にフランスの首都・パリで誕生した女性。
 
1995年に「Chambre Syndicale de la Couture」を卒業したのち、

  • シャネル
  • クリスチャン・ディオール
  • ニナ・リッチ
  • クリスチャン・ラクロワ

といったパリの老舗メゾンにて修行を積んだ。
 
 
そんな時期を経て独立し、
2001年にPhilippe Elkoubiというパートナーと共に
自身の名を冠したレディースブランドを創設。
 
2002SSシーズンにファーストコレクションを発表すると共に
パリコレデビューを飾った。
 
2003年秋には世界最大の若手デザイナー向けコンテスト「ANDAM賞」を受賞。
 
2005年春には、権威ある英国・ロンドンの
ビクトリア&アルバート博物館でショーを開催。
 
2006年までオートクチュール系デザイナーとして活動したのち、
2007年からはプレタポルテの世界にも本格進出。
 
2008年には、4歳から14歳までを対象とする子供服ライン
「ANNE VALERIE HASH MADEMOISELLE(マドモアゼル)」
をスタート。
 
 
2010年夏には異なるコンセプトの
「AVHASHBY Anne Valérie Hash」という別ラインもデビューさせた。
 
 
 
 
2012年春の2012-13シーズンまではパリコレにてショーを開催していたが、
2013年にはプレゼンテーション形式の小規模開催にスイッチ。
 
2014年からはパリコレから姿を消すと共に自身のブランドを閉鎖。
 
 

ブランド閉鎖後

 
 
パリコレ撤退後、2015年には日本のファーストリテイリング傘下にある
フランスの国民的レディースファッションブランド
「コントワーデ・コトニエ」のクリエイティブ・ディレクターに就任。
柳井正氏とも良好な関係を築く。
 
 

 
 
その後、2019年にはBonpointという子供服系ブランドの
アーティスティックディレクターに就任。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
歴代コレクションアーカイブ
https://www.vogue.com/fashion-shows/designer/anne-valerie-hash
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る