(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

エルメス(HERMES)の歴代デザイナー

 
 
このブランドは基本的には本拠地であるフランスの人物をトップに起用する傾向。
 
 

エルメスの歴代デザイナー/クリエイティブ・ディレクター

 
もともと皮革系のブランドであり、
アパレル(プレタポルテ/既製服)分野に進出したのは1978年と歴史が浅い。
 
 

レディース部門

 

マルタン・マルジェラ(1998年から2003年)

ベルギー人男性。自身のブランドはアヴァンギャルドな作風ながら、エルメスにおいては対照的なミニマルな作品を発表していた

ジャン=ポール・ゴルチエ(2004年から2010年)

フランス人男性。かつてのマルジェラ氏の師匠。1980年代から世界的なプレタポルテ系デザイナーとして活躍

クリストフ・ルメール(2011年から2014年)

フランス人男性。2000年代にラコステのデザイナーとして活躍したのち、ゴルチエの後任に

ナデージュ・ヴァネ・シビュルスキー(2015年から)

マルジェラやセリーヌの主要スタッフとして活躍してきたフランス人女性。

 
 
マルジェラ以前は調査中(デザインチーム制?)。
世界的な人物が単独で手がけていたわけではないのは確か。
 
 
 

メンズ部門

 

ヴェロニク・ニシャニアン(1988年)

もともとはセルッティのメンズをてがけていた女性(1950年代生まれ)。ジャン・ルイ・デュマから誘われて1988年にエルメスに入社し、1990年代・2000年代・2010年代と30年以上に渡ってメンズ部門を担当。

 
 
メンズ部門はヴェロニク氏がトップに君臨し続けている。
1人のデザイナーが30年以上トップとして活躍するのは稀有な例。
 
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る