(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ヴェロニク・ルロワ(Véronique Leroy)

 
参考文献
パリ・ファッションウイーク公式サイト
https://andam.fr/en/laureats/veronique-leroy/
ヴェロニク・ルロワ公式メディア
https://veroniqueleroy.com/en/history
https://www.facebook.com/veroniqueleroyofficiel/
 
 


 

性別

女性

国籍/出身

ベルギー

コレクション参加歴

パリコレクション(プレタポルテ部門)

 

初期キャリア

 
ベルギー出身。
 
19歳だった1984年、ベルギーを離れて隣国・フランスに渡り、
パリのSTUDIO BERÇOTなどで服作りを学ぶ。
 
1987年にSTUDIO BERÇOTを卒業すると、当時の世界最高峰デザイナーの一人であった
アズディン・アライアのアシスタントとして働くようになり、
彼の創作活動の中から様々な事を学ぶ。
 
1人の新人クリエーターとしては、
1989年にはブリュッセルにて「Canette d’Or 」のウィナーに。
 
アライアのもとを離れると今度は1990年から同じくパリのトップデザイナーである
マルティーヌ・シットボンという女性デザイナーのもとで更なる修行を積んだ。
 
 

自身のブランドを設立

 
1990年代初頭には自身のブランドを設立して
20代半ばという若さでパリ・ファッション・ウイーク(パリコレ)にデビュー。
 
1991年に世界最大の若手デザイナー賞「ANDAM賞」に入賞する。
3年後の1994年にも再びANDAM賞に入選している。
(どの部門の賞を獲得したのかは明らかになっていない)
 
 
2005年秋にはパリに初のショップをオープン。
その後、2000年代後半から2010年代半ばにかけて、
パリコレのプレタポルテ部門のトップデザイナーの1人として長く活躍。
 
一方で2004年から2011年までは、
自身のブランドの創作活動と並行してLeonard Parisのデザイナー(クリエイティブ・ディレクター)も兼任する多忙な生活を送っていた。
 
2018年頃からはショー形式のコレクション発表を休止し、
小規模なプレゼンテーション形式の発表に切り替えた。
 
2020年時点ではパリを拠点として活動している。
 
 
 
歴代コレクションアーカイブ
https://www.vogue.com/fashion-shows/designer/veronique-leroy
 
 


 
関連人物

 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る