(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)

 
【参考文献】
LVMH Prize公式サイト
https://www.lvmhprize.com/designer/off-white-co-virgil-abloh/
 
 

生い立ちからオフホワイト立ち上げまで

 
 

生年月日

1980年生まれ

享年

41歳

性別

男性

国籍/出身

アメリカ(ルーツはガーナ)

作風

ハイストリート系

 
 
 
顔写真(敬愛するNIGO氏との2SHOT)

この投稿をInstagramで見る

@nigo & company ©2019

@ virgilablohがシェアした投稿 -

 
 

生い立ちからカニエ・ウエスト専属スタッフ時代

 
アメリカ北東部・イリノイ州のロックフォードという地域出身である
ガーナ系アメリカ人男性。
 
ウィスコンシン大学で土木工学を学んだのち、
今度はイリノイ工科大学で建築学を学び、
もともと建築・アート系の仕事をしていた。
その一方で、アートとファッションの中間的な仕事に関わる道も模索していたと言われる。
 
その後、カニエ・ウエストのマネージャーが、
カニエのために働いてくれる人物を探している時期にマネージャーと会い、
それがきっかけで2000年代半ばから、同郷のカニエ・ウエストのために働く事に。
 
そして、世界的ヒップホップ系ミュージシャンの
カニエ・ウエスト(のちのYe)のアートワークを担当しはじめ、
その流れの中でファッションデザインの仕事にもかかわるようになった。
 
2009年には「FENDI×West」のインターン経験をして、
早くもハイファッション系の仕事を体験。
 
 

2013年からは「Off-White」のデザイナーとして活躍

 
建築・アート系の仕事からファッションデザイナーへとほぼ完全にシフトし、
2013年にはストリートとモードの融合を特徴とする
「オフ・ホワイト(Off-White)」というメンズ系ブランドを設立し、
2014年の2015SSシーズンにはパリコレクションに初参加。
そしてウィメンズラインも遅れてスタート。
 
2015年にはLVMH PRIZEにてファイナリストに選出され、
ウィナー獲得はならなかったものの、一躍脚光を浴びる。
 
2010年代後半に入るとパリでは
ストリートテイストのあるブランドのブームが起き、
その先頭を走るヴァ―ジルにはパリモード界から熱い視線が注がれるようになった。
 
 

ルイヴィトン・メンズ部門のディレクターに就任

 
 
そんな中、2018年春にはキム・ジョーンズ氏の後釜として
19世紀の創業したパリの最高級ブランド
「ルイ・ヴィトン」
からメンズ部門のアーティスティック・ディレクターに指名され、
同年からルイヴィトン・メンズも手がけるようになり、

  • オフホワイト
  • ルイヴィトン

両ブランドのクリエーションを手がける多忙な状態に。
 
野外で開催された最初のショーではフィナーレにランウェイに登場した際、
フロントローでショーを観覧していたカニエと熱い抱擁をかわし、
その感動的なシーンは世界中で大きな話題に。
 
 
 

2021年11月末に癌により41歳で死去

 
 
輝かしいキャリアを築いていく一方で
2020年代に入ったあたりから、デザイナーであるのにかかわらず
ショーに参加しないなどの出来事が起きて体調を心配する声が上がっていたが、
2021年11月末にガンとの闘病との末、41歳という若さで死去。
世界中に衝撃が走った。
 
 
 

 
 


 
関連人物

  • NIGO・・・・・2019年にヴィトンとNIGOのコラボが行われた際、「僕が今、ヴィトンのディレクターとして存在しているのは、NIGOが築き上げてきた歴史のおかげ」と話すほど、ストリートの神様・NIGO氏を敬愛している。ブランド立ち上げ前から、NIGO氏からブランドの経営戦略をレクチャーされてきた
  • 高橋盾・・・・・NIGO氏と並ぶ裏原宿の神様。娘のモデル・高橋ららが、オフホワイトのパリコレにモデルとして出演した事もあり。
  • キム・ジョーンズ・・・・・ルイヴィトンの前任者。彼もまた日本の裏原宿系デザイナーから強い影響を受けてきた

 
 

 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る