(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ティエリー・ミュグレー(Thierry Mugler)

 
参考文献
サンディカ(パリコレ主催団体)公式サイト
 
 

フルネーム

Manfred Theirry Mugler

性別

男性

生年月日/生まれ年

1948年生まれ(1945年・1947年生まれ説もあり、はっきりしない)

国籍/出身

フランス

 
 

初期キャリア/1990年代まで

 
フランスの本東部のストラスブール出身。
 
10代半ばの頃にバレエ団の一員として活動したのち、
方向転換して1960年代半ばからパリでファッションの勉強を開始。
 
その後、グデュール・ピカールという会社にて社内デザイナーとして修業を積む。
 
1973年、26歳の頃に「CafédeParis」というレーベル名で独立デザイナーとしてのキャリアをスタート。
 
翌1974年、自身の名を冠した「ティエリー・ミュグレー」という
レディースファッションブランドを創設。
 
パリコレクションの・プレタポルテ部門にデビューし、
1980年代にクロード・モンタナなどと並び、
当時のパリコレにおけるトップデザイナーとして大活躍。
 
舞台分野の出身者という事もあり、
パフォーミングアート要素のある大掛かりなショー演出を特徴としていた。
 
1980年代半ばにティエリー・ミュグレー・オムというメンズラインを創設し、
パリコレのメンズ部門にも進出した。
 
1990年代に入ってもその活躍する中、
1990年代前半からはパリコレのオートクチュール分野にも進出。
 
また、香水事業にも進出してブランド価値・規模はますます拡大した。
 
1992年にデヴィッド・ボウイのイマン(スーパーモデル)が結婚した際は、
イマンが着用するウエディングドレスのデザインを担当するなど
山本寛斎同様にスーパースターの衣装デザイナーとしても活躍。
 
 

2000年代以降

 
1990年代まで世界のトップデザイナーとして活躍したのち、
2002年にアパレル事業を修了してハイファッションの世界から離れ、
その後は写真家などとして活躍。
 
なお、2010年前後からアパレル事業が復活し、
日本のイタリアのハーフであるニコラ・フォルミケッティが
後を継ぐ形でパリコレに復帰。
パリコレで大規模なショーを開催する中、
改めて、そのブランドの創業者として脚光を浴びた。
 
ミュグレー氏本人としての活動としては
パリコレデザイナーとして引退したのちも衣装デザイナーとしての活動は継続し、
晩年の2019年には「メット・ガラ」でキム・カーダシアンが着用する
ドレスの制作を行って話題になった。
 
 
2022年1月、73歳で死去。
世界中のメディアが、偉大なデザイナーが73歳で亡くなった事を報道した。
 
 
 

 
 
 


 
関連人物

 
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る