digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ルーク・メイヤー(Luke Meier)/ルーシー・メイヤー(Lucie Meier)

 
2017年からジル・サンダーの新たなクリエイティブ・ディレクターとして活躍するデュオ「メイヤー夫妻」それぞれの詳しい経歴を紹介。
 
 
夫婦の顔写真

 
 
 

夫:ルーク・メイヤー(Luke Meier)

 

生年月日/生まれ年

1975年生まれ

国籍/出身

カナダ

出身校

F.I.T(ニューヨークファッション工科大学)

前職

Supremeデザイナー

OAMCデザイナー(兼任/現在も活動)

 
 
カナダ南西部の端に位置するバンクーバー出身。
 
国境を越えてアメリカ・ワシントンDCのジョージタウン大学にて
ファイナンスやビジネスを学ぶ。
ジョージタウン大学を卒業すると今度はヨーロッパに渡り、
イギリスの名門・オックスフォード大学にて経営学を学ぶ。
 
ここまでは学校にてファッション/デザインを学んでいないが、
オックスフォード大学を経た彼はアメリカに戻って
世界的な服飾系専門教育機関である
「F.I.T(ニューヨークファッション工科大学)」に入り、
ファッションデザインのノウハウを学んだ。
 
なお、この時期に半年間という期間にて
短期留学したイタリア・フィレンツェの
「ポリモーダ・ファッションスクール(Polimoda fashion school)」にて
のちに妻となるルーシー・メイヤーに出会う事となる。
 
 
F.I.Tを出た彼はカナダに帰国する事なくニューヨークを拠点に活動しはじめ、
ジェームス・ジョビアという人物が1994年に立ちあげた
ニューヨーク系のストリート系ファッションブランド
「Supreme」入りし、ヘッドデザイナーとして10年近く活躍、
 
 
Supremeのデザイナーとして名声を得た彼は、
アルノー・ファーという人物と共同で2014年に
「OAMC(Over All Master Clothの略)」
というメンズ分野のハイファッションブランドを設立。
そして、パリコレで活躍する中でハイファッション業界でも脚光を浴びる。
 
2017年春、妻のルーシーとのデュオという形で
ミラノ系の世界的な高級ファッションブランド
「JIL SANDER」のクリエイティブ・ディレクターに就任し、
ストリート系ブランドのカリスマが
正反対的なハイファッションブランドのトップに就任した事が大きな話題となった。
 
なお、JIL SANDERの新ディレクターに就任した事をきっかけとして
OAMCをクローズしたり休止したりする事はなく、
OAMCのデザイナー職も兼任する多忙な生活をおくる
 
 
 

妻:ルーシー・メイヤー(Lucie Meier)

 

生年月日/生まれ年

1982年生まれ

国籍/出身

スイス

前職

LOUIS VUITTON

BALNCIAGA

Christian Dior

 
 
スイスの南端に位置するイタリア付近の山岳地帯・ツェルマットにて
レストランを営む両親のもとに生まれ育ったルーシー。
(父親はドイツ出身/母親はオーストリア出身)
その母親はJIL SANDERブランドの大ファンであった事を様々なインタビューで明かしている。
 
そんな環境の中で育つ中でモードの世界に強い興味を持つようになり、
国境を渡ってイタリア・フィレンツェにある
「ポリモーダ・ファッションスクール」入りし、
ファッションビジネスのマーケティングノウハウを学びだしたが、
この地でシェアハウス生活を始めた中で、
アメリカF.I.Tからの留学生であるルークと出会った。
 
高等なテクニックを身につけた彼女は学校を経てパリに渡り、
当時はマーク・ジェイコブスがウィメンズ部門を率いていたルイヴィトン、
または二コラ・ジェスキエールがヴィトンに移籍する前に活躍していた
BALENCIAGAといったパリ最高級ブランドで働き、腕を磨く。
 
LOUIS VUITTON・BALNCIAGAを経て今度は、
創業者離脱後のJIL SANDERでディレクターとして活躍していた時期もある
ラフシモンズ率いる「Dior」のオートクチュール系主要スタッフとしての活動を開始。
 
ラフ・シモンズが2015年にディオールのデザイナー職を退任し、
この役職が空席となってからは、
セルジュ・ルフューという人物と共にディオールクリエイション部門の
実質的なトップとして各部門をしばらく統括した
(その後、ディオールの後任はValentinoから引っ張ってきた
イタリア人のマリア=グラツィア・キウリに決定)
 
この、ラフシモンズ時代とマリア=グラツィア時代の谷間の時期に、
30代半ばという若さでディオールにて活躍した事で世界的な評価を獲得する。
 
 
Dior離脱後、2017年春に夫のルークと共に
母親が大好きてあったブランド「JIL SANDER」の新デザイナーに就任。
 
 
 

夫婦の歴史

 
 
イタリアのポリモーダ・ファッションスクールにて
シェアハウス生活をしていた時期に二人は出会う。
 
交際を経て2007年に結婚。
その後、二人は独立したデザイナーとして別々に活動していた。
 
別々に仕事をしつつも、いつかは二人でデュオとしてデザイナー活動をしたいと思っていた中、
2017年春、ロドルフォ・パリアルンガの後任として
JIL SANDERのデザイナーデュオとして
プライベートだけでなく仕事面でも共に活動を開始し、
世界一有名な夫婦デザイナーとなった。
 
 
おしどり夫婦として知られ、JILSANDERのミラノコレクションや
パリコレクションのショーにおいてはフィナーレにて
手をつないでランウェイに登場する。
 
 
なお、2020年1月には世界最大のメンズ見本市で
ミラノメンズコレクションの関連イベントという側面ももつ
イタリア・フィレンツェ開催の
「ピッティ・ウォモ(第97回/2020AWシーズン)」
にデザイナーとして招待され、二人の出会いの場である
フィレンツェでのショー開催か2020年1月に実現している。
 
 
 


 
関連人物
JIL SANDER
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る