(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

クリステル・コシェール(Christelle Kocher)

 
 
参考文献
パリコレクション公式サイト
https://parisfashionweek.fhcm.paris/brands/koche/?brand=8957&brand_name=koch
LVMH PRIZE公式サイト
https://www.lvmhprize.com/designer/koche/
ANDAM賞公式サイト
https://andam.fr/en/laureats/koche-2/
 
 
 


 
 

発音

くりすてる・こしぇーる

性別

女性

生年月日

1978年10月10日生まれ

国籍/出身

フランス

出身校

セントマーチンズ(英国)

主な賞受賞歴/ノミネート

2019年度ANDAM賞グランプリ

2016年度LVMH PRIZEファイナリスト

作風

ハイファッション(オートクチュール)+ストリート

 
 
 

初期キャリア

 
1978年生まれのフランス人女性デザイナー。
 
海峡を渡って隣国・イギリスの名門服飾教育機関
セントマーチンズ美術大学で服作りを学ぶ。
 
卒業後はミラノ・アントワープ(ベルギー)・NY(アメリカ)といった都市で

  • クロエ
  • ボッテガヴェネタ
  • ドリスヴァンノッテン
  • マルティーヌ・シットボン

といったデザイナーの元でキャリアを積む。
 
2009年時点では
シャネルのデザイナーであるカール・ラガーフェルドのアシスタントからのオファーを受け、CHANELの羽根細工を手がける名門アトリエ
「ルマリエ(Lemarié)」
にてオートクチュールに関連する仕事をしていた。
(2010年からは同アトリエにてアーティスティック・ディレクターとして活動)
 
 

2014年にKOCHE設立

 
ルマリエのディレクターとして活動する一方、
2014年には「KOCHE」という
ストリートにオートクチュール感をミックスした
新しい時代に合うファッションブランドをスタート。
 
立ち上げ後、このエリートデザイナーはいきなりパリコレデビューを果たす。
 
そして2016年には世界最大級の若手支援賞
「LVMH PRIZE」にてFACETASMの落合宏理などと共にファイナリストに選出。
グランプリ受賞はならなかったが、この事により評価が急上昇。
 
2016年秋には2017SSシーズンの東京コレクションにゲスト参加し、
原宿の通称「とんちゃん通り」にて男女トップモデルを起用した
路上ゲリラショーを開催して日本での知名度も急上昇。
 
2019年春にも再度東京コレクションにゲスト参加し、
2度目の東京ショーを開催。
 
 

2019年にANDAM賞受賞(世界一の若手デザイナーとなる)

 
その2019年6月にはLVMH PRIZEより遥かに歴史が長い
若手デザイナー支援コンテスト「ANDAM賞」にて
記念すべき30周年イヤーのグランプリに選出され、さらに評価を上げた。
 
 
 
 
 

デザイナー/KOCHEの関連映像

 
 
 
パリコレ主催団体公式チャンネル内
A Conversation with Christelle Kocher (Koché)

 
 
KOCHÉ TOKYO FULL SHOW(2017SS東京コレクション)

 
 
 
 
 


 
 
 
関連デザイナー
カール・ラガーフェルド
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る