digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

マルク・ボアン(Marc Bohan)

 
参考文献
Dior公式サイト内の「DIor Mag」など各種公式的資料
 


 
 
1926年生まれ
男性
ユベール・ド・ジバンシィ同様に上品さや人柄の良さがにじみ出た、
パリモード界の歴史の中でも屈指のジェントルマン。
(控え目な雰囲気で、ジョン・ガリアーノなどとは対照的な存在)
 


 
フランスの首都・パリ出身。
 
第二次世界大戦が終わった直後、
クリスチャン・ディオール氏はパリで自身の名を冠したブランドを創設。
そして、約10年に渡って創業デザイナーとして多大なる活躍をしてきた。
 
その後、創業者の休止に伴い、メゾン・ディオールは
当時21歳の若き天才・イヴサンローランを後継者に指名。
 
しかし、このサンローラン氏が兵役でディオールを離れる事になり、
それに伴って1961年にディオールの3代目デザイナーに就任したのが
マルク・ボアン(Marc Bohan)。
 
1957年春に、この時点では存命だったクリスチャン・ディオール氏に出会い、
それがきっかけで1958年からディオール関連会社にて勤務し始める。
 
そんな中、1960年にサンローランの兵役問題が発生し、
1960年秋に3代目デザイナーに指名された。
 
そして、1961年度からディオールのトップとして活動しはじめ、
その後、1989年まで実に25年以上に渡って同ブランドのデザイナーに君臨し続けた
 
なお、日本がバブル経済に沸いていた1986年には
東京ディズニーランドにてディオールの来日ショーが開催されたが、
この時にはデザイナー自らも来日し、壮大な規模のショーを成功させた。
 
ディオールを離脱したマルク・ボアンは、
翌1990年に英国系オートクチュール系ブランド「ハートネル(HARTNELL)」に
デザイナーとして迎え入れられ、同ブランドのデザイナーとしてしばらく活動。
 
 


 
 
その後、後任に指名された
ジャンフランコ・フェレ氏の在任期間は7年、
フェレ後継者のジョン・ガリアーノは在任15年、
さらには創業者のディオール氏の在任期間も10年という意味で、
2020年時点では、最もディオールデザイナーとして長期間活動した人物。
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る