digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)

 
参考文献
CFDA公式サイト
ラルフ・ローレン公式サイト
 
 

本名

Ralph Lifshitz

性別

男性

生年月日

1939年10月14日生まれ

ルーツ

ロシア(親世代がロシアからの移民)

国籍

アメリカ

特徴

ビジネスセンスに長けるデザイナー

評価

カルバン・クライン同様にアメリカ人の中で最も成功したデザイナー

主な賞受賞歴

CFDA功労賞

CFDA Womenswear Designer of the Year,

CFDA Menswear Designer of the Year,

 
 
 

生い立ちからネクタイメーカー時代

 
 
1939年にアメリカ・ニューヨークにて誕生。
ユダヤ人としての血をひく。
ブロンクス地区で育つ。
 
もともとはバスケットボールの選手になる事を目指していたが、身長の問題などにより、挫折。
 
方向転換して地元の大学を入学。
その後、ブルックスブラザーズのスタッフなどの職を経て
Beau Brummell(ボー・ブランメル)というネクタイメーカーで働くようになり、
同社の社内デザイナーとして活躍。
 
 
 

1967年から自身のビジネスを開始

 
1967年から「POLO」というネックウェアラインを立ち上げ、
ネクタイを製造・販売しはじめた。
すると幅広のワイドネクタイが大ヒット。
 
1968年には自身の会社を設立。
そして、ネクタイ作りから事業領域を拡大し、
ネクタイと一緒に着用するフランネルスーツや
カジュアル要素のあるドレスシャツ(ワイシャツ)作りも始め、
この時期にメンズ衣料分野に進出。
 
1970年代に入るとレディースウェア事業にも進出し、
1972年にはブランドにとってキーアイテムとなっていく
高品質な「ポロシャツ」の製造もスタート。
(ポロシャツは現在のユニクロのごとく、カラーバリエーション豊富に展開する戦略をとった)
 
 
すると、古巣であるブルックスブラザーズの作風に通ずる、
上質で品格高い雰囲気のフォーマル/カジュアル衣料は大ヒット。
 
1970年代半ばに入ると、映画の主人公の衣装として
ラルフローレンブランドのスーツをデザインするなどの出来事も起き、
創業から10周年にも満たない時点で、NYのトップデザイナーへと飛躍。
1976年には「コティ賞」を授与された。
 
 

1980年代に入ると世界的デザイナーの仲間入り

 
高級ブランドというわけではないものの、
カルバン・クライン同様にニューヨークコレクションに
「ラルフ・ローレン」ブランドを通じてデザイナーとして
参加するようになるとますますその評価は高まっていき、
1980年代に入ると海外に進出して世界での評価も高まり、
パリコレのトップデザイナーやライバル的なカルバン・クライン氏同様に
世界最高峰のハイファッション系デザイナーの1人としての地位を確立。
 
1991年には長く憧れてきた伝説の女優、
オードリー・ヘップバーン(プレゼンター役)からCFDA功労賞を授与された。
 
 

1999年に還暦を迎えてからも活躍

 
1999年には還暦を迎えたが、
同世代の高田賢三・コシノジュンコなどが
次々に国際舞台が引退する中でも現役バリバリで活躍。
 
2002年にはメンズの「パープルレーベル」ラインを通じ、
60代にしてデザイナーとしてミラノコレクションにデビューした。
 
2017年にはデザイナーとして50周年を迎え、
2019年には80歳を迎えたが、2021年時点でも現役の創業デザイナーとして活躍し続ける。
 
 


 
 
 
関連人物

 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る