digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

アンソニー・バカレロ(Anthony Vaccarello)

 
参考文献
ANDAM賞公式サイトの歴史情報や国内外の各種公式情報
 


 
Anthony Vaccarello
国籍=ベルギー
出生地=ブリュッセル
 
1982年、イタリア南部のシチリアからベルギーに移住した両親のもとに誕生。
 
ベルギーの首都・ブリュッセルの芸術学校で学んだのち、
2000代後半にカール・ラガーフェルドが指揮する
ミラノ系高級ブランドの「FENDI」のスタッフとして一時期働いた。
 
FENDI勤務を経て2009年に自身の名を冠した
「Anthony Vaccarello」というレディースブランドを立ち上げ、
2011年春の2011-2012年秋冬シーズンより
パリコレクションのプレタポルテ部門に出展し始めた。
すると、圧倒的な才能で世界中の関係者に注目されるようになった。
 
その直後となる2011年夏には、
世界最大級の若手向けコンテストとして知られる
ANDAM賞を受賞した事で一躍脚光を浴びる。
 
ANDAM賞受賞後は、一気にショーの規模をスケールアップさせ、
世界中のスーパーモデル達をショーに起用するようになり、
世界中のファッション業界関係者・モデル業界関係者からの注目度はますますアップ。
 
一方、2015年からはFENDIと並ぶミラノの高級ブランド、
Versaceのセカンドライン「Versus Versace」のディレクターとしても活動。
 
この他にも様々なオファーが次々に届く中、
2016年5月には、前月に退任したエディ・スリマンの後継者として
故イヴ・サンローラン氏が立ち上げたパリの世界的高級ブランド、
Saint Laurent(旧Yves Saint Laurent)の新たなクリエイティブ・ディレクターに
30代前半という若さで就任し、世界中で大ニュースとなった。
 
 
なお、サンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、
自身のシグネチャーブランドであるAnthony Vaccarelloブランドでの
パリコレ出展は行っていない。
 
 
 
 

 
digital-zasshi.jpトップページに戻る
 

 
 


 
 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
 
[国内系]

 
 
 
[海外系デザイナー]

 
 
 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る