digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

ステファノ・ピラーティ(Stefano Pilati)

 
 

ステファノ・ピラーティ(Stefano Pilati)のプロフィール

 
■生年月日=
1965年生まれ
 
■国籍=
イタリア
 
 
 


 
 

キャリア初期からサンローラン時代まで

 
 
パリと並ぶファッション都市・ミラノ出身のイタリア人男性。
 
キャリア初期はセルッティやアルマーニで修業を積む。
そして、1990年代後半からはPRADAの主要スタッフとして
ミウッチャ・プラダの下で活躍。
(同じくプラダグループのMiu Miuのスタッフとしても活動していた)
 
2000年にパリ系高級ブランドのサンローランへ移籍すると、
当時のプレタポルテ部門デザイナーであるトムフォードのアシスタントとして活躍。
 
GUCCIを世界最高ランクのブランドの1つへと押し上げたのち
サンローランのデザイナー(プレタポルテ部門)として活動してきた
アメリカ人のトム・フォードが2004年にサンローラン社から離脱すると、
彼の片腕であったビラ―ティ氏が後任ディレクターに昇格。
(レディース・メンズ両方のプレタポルテ部門・後任ディレクター)
 
2004年秋開催にレディース2005SSでランウェイデビューしたのち、
2005年1月には2005AWのメンズコレクションのショーも初開催。
 
 
その後、2012年3月開催のパリコレ(プレタポルテ)まで、
実に8年間に渡ってサンローラン男女両部門のデザイナーとして活躍。
そして、デザイナー職を元Dior Hommeのエディ・スリマンにバトンタッチした。
 
 
 

AGNONA/Ermemnegildo Zegna時代

 
サンローランから離脱したビラ―ティは、
紳士服分野の世界最高峰ブランドの一つである
Ermenegildo Zegnaのデザイナーにも就任し、
2016年1月開催の2016-2017年秋冬シーズンまで
ミラノメンズコレクションでも中心的デザイナーとして活躍。
 
一方、ゼニアグループ内の高級レディースブランド
「AGNONA(アニオナ)」のデザイナーにも就任。
2013年にAGNONAのデザイナーとしてデビューすると、
このブランドのデザイナーとして2015年まで活躍。
 
 
 

自身のブランド「Random Identities」を創設

 
 
2015年にAGNONA・2016年にZegnaを離脱してからは
「ランダム・アイデンティティーズ(RANDOM IDENTITIES)」
という自身のブランドを創設。
 
 
 
 
関連ページ
https://models.com/people/stefano-pilati
 
 
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る