digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

ブシャラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)

 
参考文献
Bouchara Jarrar公式メディア内の各種公式データ
 
生年月日=
1970年生まれ
 


 
 

初期キャリアから自身のブランド立ち上げまで

 
 
地中海に面したアフリカの国であるモロッコ出身の両親を持つ
フランス出身の女性デザイナー。
 
パリで服飾デザインの勉強をしたのち、
1995年からジャンボール・ゴルチエ氏のアトリエにて
コスチュームジュエリー分野の仕事からキャリアをスタートさせる。
 
そして、翌1996年にはバレンシアガに移籍し、
二コラ・ジェスキエールの下で10年間に渡って長く働く
 
バレンシアガを離脱してからは2008年から
クリスチャンラクロワにてオートクチュール分野の仕事を手掛けるようになったが、同ブランドはリーマンショックの影響を受けて翌2009年に破綻し、ブシャール氏も離脱。
 
そんな中、2009年に自身の名を冠した
ブシャラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)というブランドを設立し、
2010年からパリコレのオートクチュール部門に参加し始めた。
 
 

LANVINのデザイナーに

 
 
自身のブランドを通じてオートクチュール分野で活躍する中、
2010年代半ばには、19世紀創業の老舗ブランドのLANVINを
見事に復活させたエルバール・エルバスの後継者として
2016年春、LANVINのウィメンズ部門のクリエイティブディレクターに就任。
 
そして、2016年秋開催の2017SSシーズンには
LANVINレディース部門のデザイナーとしてデビューし、世界中のメディアから脚光を浴びる。
 
ただし、LAVINとの関係は長くは続かず、
ショーで言うと

  • 2017SSシーズン
  • 2017-18AWシーズン

と、わずか2シーズンのディレクションを行ったのち、
2018SSシーズンを前にした2017年夏に退任。
 
 

2020SSシーズンに自身のブランドを本格的に再開

 
 
その後、しばらく空白の時期があったが、
2020年1月に開催された2020年春夏の
パリコレクション・オートクチュール部門において、
自身のブランド、ブシャラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)のデザイナーとしてパリコレに復帰。
(2016SSシーズン以来、4年ぶりの復帰)
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る