digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

熊切秀典(Hidenori Kumakiri)

 
参考文献
東京コレクション公式サイト
beautiful people各公式メディア
 
 

  • 生年月日
    • 1974年生まれ
  • 出身
    • 神奈川県
  • 出身校
    • 文化服装学院
  • 前職
    • コムデギャルソン職員

 
 
 
熊切氏の顔写真

 
 


 
 

生い立ちからコムデギャルソン時代

 
 
1974年生まれ
神奈川県厚木市出身。
子供の頃、母が編み物教室を経営し、
その教室の先生をしていたという背景をもち、母から技術を学んだ。
 
その後、母親主導で東京の文化服装学院に入る道筋ができ、同校に入学。
文化服装学院(アパレル技術科)を卒業すると
川久保玲氏が率いるコムデギャルソン入りし、
同社内にて20代の若さながらパタンナーという重要な役職にて活躍。
 
なお、コムデギャルソンにおいては

  • COMME DES GARÇONS HOMME
  • COMME DES GARÇONS HOMME DEUX

の2ブランドに所属していた事がインタビューの本人発言で明らかになっている。
 
 

2007年にブランドを設立して東京コレクションで活躍

 
 
コムデギャルソンでの修行を経て独立し、
30歳を迎える2004年に外注パターン会社として
entertainmentという会社を設立。
 
その後、2007年に「beautiful people」というレディースブランドを設立し、
パタンナー生活を経てデザイナーとして本格的なキャリアを歩み始めた。
 
 
2009年秋には「beautiful people」を通じて
東京コレクション(東京ファッションウイーク)にデビュー。
 
2010年代に入ると東京コレクションにおいて毎回評価を高めていき、
コシノヒロコ、鳥居ユキなどの大御所と並ぶ
コレクション全体のトップデザイナーの1人へと成長した。
 
コムデギャルソン時代に経験した事を活かしてビジネスも成功させ、
同じくコムデギャルソン出身の同僚と共にbeautiful peopleを
日本屈指のデザイナーズブランドへと育て上げる。
 
 
 

2017年春にパリコレデビュー

 
 
その後、2016年秋の2017SSまでは東京コレクション参加を継続したが、
ブランド立ち上げ10周年イヤーの2017年には、
コムデギャルソンやジュンヤワタナベも長く活躍してきた
パリコレクション(プレタポルテ部門)にデビュー。
 
 
それ以降は毎シーズン、パリコレに参加し続けているが、
ANREALAGEの森永氏と共に実験的な作風に対する注目度が急上昇。
 
 
2020年秋には毎日新聞社が主催する国内最大のデザイナー賞
「第38回・毎日ファッション大賞」のグランプリを受賞。
 
 
 


 
 
関連人物

 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る