digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

板橋よしえ(Candy Stripper)

 
参考文献
ブランド公式サイト
デザイナー公式SNS
各オンライン書店の著者プロフィール
など
 
 


 
1975年生まれ
埼玉県越谷市出身
 
子供の頃からファッションに強い興味をもち、
地元の埼玉第一高校を卒業すると、
日本を代表する服飾専門学校である
バンタンデザイン研究所に入学。
 
在学中だった1995年に
菊地千春さん(同じく1975年生)という女性と共に
「キャンディ・ストリッパー(Candy Stripper)」
というブランドを立ち上げる。
 
翌1996年秋には株式会社ミニストリーを設立し
本格的な活動をスタートさせると若い女性達の間で話題となり、
1997年には京都のファッションビル内に初の単独店をオープン。
1999年には念願の原宿(ブランドにとっての拠点)進出も果たす。
 
当初から年2回ではなく年1回のコレクション発表を行ってきて
不定期にて東京コレクションに参加してランウェイショーを行っていた時期もあり。
(TOGAやLimi Feu、TSUMORI、FRAPBOISなどが東コレで活躍していた頃)
 
その後、東京コレクションには参加しなくなったが、
10代後半から20代の芸能人達から高い支持を受けるブランドとあって、
原宿界隈でのブランドの人気はますます高まっていく。
その他、PUFFYなど女性アーティストの衣装制作分野でも活動。
 


 
 
 
2008年に「キャンディストリッパー - 2人のファッションデザイナー」
という板橋&菊地連名の本を出版したのち、共同創設者の菊地千春さんはブランドから離脱。
それにより、キャンディストリッパーの単独デザイナーとなる。
 
2010年代に入っても、カリスマデザイナー・板橋よしえの
若い世代だけでなく幅広い世代の女性層からの人気は
どんどん上昇し続けており、
かつての大川ひとみ(MILK創業者)のように原宿方面で絶大なる
影響力をもつ女性になった。
モデル・芸能人の中にも常日頃から板橋氏との敬意を表する人は多い。
 
 
プライベートでは、2016年には第一子を出産。
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る