digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

立野浩二(Koji Tatsuno)

 
 
1961年生まれ。
東京都出身。
 
中学校を卒業して高校に進学する事なく渡英し、
ロンドンにおいて古着の買い付けをスタート。
 
また独学で服造りを学び、現地にてデザイナーとして活動しはじめる。
 
19歳の頃には初コレクション「カルチャーショック」を発表。
 
20代後半であった1987年に世界的な日本人デザイナーである
山本耀司氏のバックアップを受け、「コージタツノ(KOJI TATSUNO)」のブティックをオープンさせた。
 
なお、詳しい時期は不明ながら1990年前後の時期に
修業時代のアレキサンダー・マックイーンをスタッフとして雇い、
マックイーン氏は立野氏に師事していた事で有名。
(その後、マックイーンはその後、ミラノにてロメオ・ジリの下で更なる修行を積み、ロンドンに戻ってセントマーチンズにてさらに服作りを勉強し、1992年に自身のブランドをスタート)
 
 
1992年頃に立野氏は拠点をイタリアからフランスに移し、
パリでのデザイナー生活をスタート。
 
そして、1990年代前半には若くしてパリコレにデビューし、
恩人の山本耀司や川久保玲、高田賢三、三宅一生などと共に
パリコレ(プレタポルテ部年)のデザイナーとして活躍
 
 
1994年まで「KOJI TATSUNO」のデザイナーとしてパリコレで活躍したのち、
1990年代半ばからはフランス系ブランド「et vous」のデザイナーとして活動。
 
 
なお新人時代のマックイーンは1996年春に
東京にて最新コレクションの発表を行った事があるが、
その時の来日インタビューにて
立野さんからは素材に関する知識/ノウハウを学んだ
と立野氏に対する謝意を述べている。
 
 
 
 


 
関連人物

  • 山本耀司
  • アレキサンダー・マックイーン・・・・・かつての弟子

 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る