digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

高島一精(Kazuaki Takashima)

 
参考文献
東京コレクション公式サイト
https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/brands/detail/ne-net/
 


 
デザイナー顔写真

 

ふりがな/読み方

たかしま・かずあき

性別

男性

生年月日/生まれ年

1973年

出身

熊本県

前職

Ne-netデザイナー

 
 
1973年に九州の熊本県にて誕生。
 
その後、上京して数々の世界的な日本人ファッションデザイナーを輩出してきた
東京の「文化服装学院」に入学し、高等でデザインテクニックを学び始めた。
 
1995年に同校のアパレルデザイン科を卒業したのち、
1996年に三宅一生氏率いる(株)イッセイミヤケに入社し、
イッセイミヤケグループの一員となる。
 
その後、2005年にイッセイミヤケグループの
デザイナーズブランド企画・製造・小売り会社である
株式会社エイネットの社内ブランドとして「Ne-Net」を立ち上げ、
東京コレクションにデビュー。
(ブランド名の命名には、師匠である三宅氏が大きくかかわっている)
 
東京コレクションに継続して参加する中で、
国内トップデザイナーの仲間入りを果たした。
 
 
2009年春開催の2009-10年秋冬シーズンを最後に
公式日程内で毎シーズン、東京コレクションに参加する形は終了。
 
しかし、2010年代に入っても公式日程内・日程外で
東京コレクションには不定期参加し続け、
関連キャラクター「ニャ―」関連品の大ヒットもあり、
ブランド規模・認知度はますます向上していった。
 
その他、高島氏は母校である文化服装学院が主催する
新人デザイナー賞「装苑賞」の審査員として
同校の大先輩であるコシノジュンコ氏などと共に活躍。
 
 
国内で順風満帆なデザイナー生活をおくっていたが、
コロナ禍の中でイッセイミヤケグループは
株式会社エイネットから展開する高島氏のネネット、
そして宇津木えり氏の「メルシーボークー」という
看板ブランドを終了させる事を2020年夏に発表。
 
 
2020年夏でネネットの仕事から離れてからは、
個展「This is not a cat.」の不定期開催などを行う。
また、装苑賞の審査員としても引き続き活動。
 
ファンの間では次なるブランドの新規立ち上げなどが待ち望まれている。
 
 
高島氏の公式インスタグラム
https://www.instagram.com/kazuaki_takashima/
 
 
 
 
 


 
関連人物

 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る