digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

福薗英貴(Hidetaka Fukuzono)

 
 

生年月日

1976年9月18日生まれ

出身地

熊本県

出身校

アントワープ王立芸術アカデミー(ベルギー)

 
 

ウェアラバウツ/タケオキクチ時代

 
熊本県出身の男性デザイナー。
 
上京して東京で服作りを学んだのち渡欧。
 
そしてパリでの生活を経て今度はベルギーに渡り、
尊敬するマルタン・マルジェラの出身校で、
17世紀に創設された世界最高峰の服飾系教育機関、
アントワープ王立芸術アカデミーにて高度な技術を習得。
 
2002年に日本人として初めて同校を卒業すると欧州に残る事なく帰国し、
日本において当時勤めていた会社の社内ブランドとして
「ウェアラバウツ(WHEREABOUTS)」という
メンズファッションブランドを2004年に立ち上げ、
デザイナーとして東京コレクションにデビュー。
 
2000年代後半にウェアラバウツの人気を急拡大させた中、
2008年からは伝説のデザイナー、
菊池武夫創設の国民的人気メンズブランド
「TAKEO KIKUCHI」の新たなデザイナーに抜擢され、
2010年前後にタケオキクチブランドの顔として活躍。
 
一方で2011年には「Smith & Hardy」という新たなブランドの事業を本格スタート。
 
約5年タケオキクチで活躍していたが、
2013SSシーズンを持って同職からは退任。
(その後、タケオキクチブランドには創業者が復帰した)
 
 
 

WEWILL時代

 
 
2017年にはアントワープで服作りを学んでいた頃の友人と共に
「ウィーウィル(WEWILL)」
という新たなメンズファッションブランドを立ち上げ、
このブランドのデザイナーとして活躍する。
 
 
 


 
関連人物

 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る