digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

花井幸子(Yukiko Hanai)

 
1937年生まれ
東京都出身
 
1959年に東京の長沢節氏によるセツ・モードセミナーを卒業。
その後、1960年代半ばにアトリエを杉並区・阿佐ヶ谷に開設。
1968年には都心の銀座にブティック「マダム花井」をオープンすると共に
「マダム・ハナイ」というプレタポルテブランドをスタート。
 
そして、1970年に初のコレクション発表を行った(オートクチュール部門)。
翌1971年には株式会社花井を設立。
 
1974年には山本寛斎・菊池武夫・コシノジュンコなど
東京で活躍するトップデザイナー達がパリコレのように
短期間でショーを集中開催する文化を作るべく、
他の5人と共に「TD6」を結成し、旧東京コレクションに参加しだした。
 
1970年代以降は、東京コレクションにおいて
年が経つごとに中心的な存在へと成長。
 
1985年にはCFDという新たな東京コレクション運営組織が発足したが、
この組織にも発足当初からメンバーに名を連ね、
ビッグイベントとなった東京コレクションでも大活躍する。
 
国内最高ランクのデザイナーへと成長した1980年代以降は
プレタポルテコレクションの発表だけでなく、
有名企業の制服デザインや映画衣装の制作など幅広い仕事をてがけるようになった。
そして、海外進出やライセンスビジネスも積極的に行う。
 


 
 
2000年代以降も
「YUKIKO HANAI」
ブランドにて毎シーズン、東京コレクション。
 
さらに、同世代のデザイナーたちが次々に東京コレクションから引退する中、
2010年代に入っても継続的に東京コレクションに参加し続けてきた。
 
 
注記
2020年時点でのラスト参加は2014年秋の2015年春夏シーズン
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る