digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌関連メニュー]

 

 

吉田ヒロミ(HIROMI YOSHIDA)

 
 
 

生い立ちからジバンシイ時代

 
 
1941年に東京都心の六本木にて誕生。
 
高校を卒業したのち長沢節氏が主宰する
「セツ・モードセミナー」
にてファッション分野のイラストを学び、
その一方で母親の経営する服飾店にてファッションデザインの技術も学ぶ。
 
 
1964年にセツモードセミナーを卒業すると渡仏し、
当時から世界最高級ブランドの一つであった
ユペール・ド・ジバンシィ創設のGIVENCHYから実力を認められ、
1965年から数年間に渡り、ジバンシィのアトリエにて
オードリー・ヘップバーンなどの最高ランクの顧客達を相手にする。
 
 
 

東京コレクションのトップデザイナー時代

 
 
1969年に帰国するとオートクチュール系デザイナーとして活動を始め、
1972年には「イグレグ」という自身にとって最初のブランドを創設。
 
1974年には山本寛斎氏などと共にTD6という組織を結成し、
同時期にショーを開催するようになった。
(東京コレクションの原型)
 
 
1980年には「CLOVE vs CLOVES(クローブ クローブス)」
という新たなブランドを立ち上げ、
1985年に東京コレクションが正式にスタートすると、
この東京コレクションの中心的デザイナーとして
川久保玲氏、山本寛斎、コシノ3姉妹、山本耀司氏などと共に活躍。
 
 

2000年代以降

 
 
東京コレクションには2010年前後まで継続的に参加し続け、
2000年代に入ると国内最高ランクの大御所デザイナーとして扱われるまでになった。
(特に国際的な活動はしておらず、パリコレやミラノコレクションには不参加)
 
 
近年は世界的テレビ通販ネットワークのQVCの日本向け放送において
"day to day"
という通販ブランドのデザイナーとして番組に出演。
 
それにより、主婦層の間で極めて高い知名度を誇る存在となった。
 
 
 
 
 
 

 
 

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る