digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

白浜利司子(Ritsuko Shirahama)

 
 
参考文献

  • RITSUKO SHIRAHAMA公式サイト(https://ritsukoshirahama.jp/)
  • 株式会社アーモンド・アイ公式サイト(https://almond-eye.com/)
  • 東京コレクション公式サイト

 
 

生年月日

1956年7月22日生まれ

出身

東京都

出身校

バンタンデザイン研究所

東京コレクションデビュー

1988年

 
 
 
顔写真(左側)

 
 

白浜利司子さんの初期キャリア

 
 
1956年に東京都で誕生。
 
成蹊大学の文学部英文学科を卒業したのち、
服飾系専門教育機関のバンタンデザイン研究所入り。
 
同校のコーディネーター科を卒業すると
アルファ・キュービックという会社に入社し、社内デザイナーとして活躍。
 
1983年にはアーモンド・アイという会社に移籍し、
翌1984年には社内ブランドとして「RUTSUKO SHIRAHAMA」ブランドが立ち上げられた。
 
 

1988年に東京コレクションデビュー

 
それぞれのデザイナーのショー開催時期に差があり、
なかなか海外からのジャーナリストを集められない状況の中、
東京においてはコムデギャルソンの川久保玲などの尽力により、
CFD(東京ファッションデザイナーズ協議会)といいう組織が1985年に発足。
 
同時にパリコレやミラノコレクションの日本版である
「東京コレクション」がスタートすると、
1988年に「RITSUKO SHIRAHAMA」ブランドにて同コレクションにデビュー。
 
1990年代に入るとコレクション全体を代表するデザイナー/ブランドへと成長し、
1990年代に川久保玲・山本耀司などの国際的デザイナー、
そして太田記久・鈴木慶子・小西良幸などの国内拠点デザイナーと共に
東京コレクションのトップデザイナーとして活躍。
 
 

2000年代以降

 
2000年代に入るとコムデギャルソンやヨウジヤマモトなどの
国際的なパリコレブランドは東京コレクションに参加しなくなり、
東京コレクションは若手デザイナー主催のイベントに。
 
そんな中でも大御所デザイナーとして2000年代後半まで
東京コレクションのトップデザイナーとして活躍し続けた。
 
2010年代以降は東京コレクションしていないものの、
(株)アーモンド・アイのオリジナルブランド扱いである
「RUTSUKO SHIRAHAMA」のデザイナーとして活躍を続ける。
 
 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る