digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

岩谷俊和(Toshikazu Iwaya)

 
 
参考文献
文化服装学院公式サイト
東京コレクション公式サイト
 
 
 


 
 

生年月日/生まれ年

1974年

出身地

神奈川県

出身校

文化服装学院

主な賞受賞歴

毎日ファッション大賞・新人賞

 
 
 
岩谷氏の顔写真(山本寛斎さんとの2SHOT)

 
 
 
 

生い立ちから第一期DRESSCAMPデザイナー時代

 
 
 
1974年に神奈川県で誕生。
 
東京・西新宿エリアの文化服装学院にて服作りを学び、
1995年に同校のアパレルデザイン科・メンズコースを卒業。
 
卒業後は1996年に株式会社アト・ワンズというテキスタイル会社に就職し、
2002年には社内ブランドとして「DRESSCAMP」というレディースブランドを立ち上げる。
 
そして、2002年秋には2003SSシーズンの東京コレクションに初参加。
 
2004年には国内最大のファッションデザイナー賞である
「毎日ファッション大賞」にて新人賞を受賞し、一気に業界内での注目度が上昇。
 
その後も岩谷氏並びにDRESSCAMPの評価は上昇し続け、
パリコレデビューも目前に迫って来たほどであったが、
2008年春にアト・ワンズから退社すると共にDRESSCAMPデザイナーも退任。
(退社・退任の詳しい事情は一般的に明らかになっていない)
 
 
 
 

DRESS33(IWAYA for DRESS33)デザイナー時代

 
 
アトワンズ退社後すぐに「DRESS33」という自身のブランドを創設し、
2008年秋の2009年春夏シーズンに
世界最高峰のファッションショーイベントである
パリコレクションデビューを飾る。
(パリコレにはDRESS名義ではなく、「IWAYA FOR DRESS33」というコレクションラインで参加)
 
その他、アシックス系のスポーツブランド「オニツカタイガー」のディレクターとしても活動。
 
そして、2010年春パリコレデザイナーとして国際的に活躍していたが、
2010年5月にマスコミを通じ、経済的な問題により、
2010-11秋冬シーズンをもってDRESS33の事業を修了させる事を発表。
 
再び、表舞台から姿を消す事となる。
 
 
 

DRESSCAMPのデザイナーに復帰

 
 
しばらくの沈黙期間を経て2012年秋には古巣であるDRESSCAMPのデザイナーに復帰。
 
そして、2013年春夏シーズンからはドレスキャンプのデザイナーとして
再び東京コレクションの中心的なデザイナーとして活動し始めた。
 
同時に2013年からは桂由美による「YUMI KATSURA」の主要スタッフとしても活動。
 
さらに、2015年には三陽商会のレディースブランド
「to be chic」のディレクターにも就任。
 
 
 

 
 
 

2021年に「COSTUME PLAY」始動

 
 
2012年に復帰してから約3年に渡ってドレスキャンプは
東京コレクションに参加してきたものの、
2015年秋開催の2016年春夏シーズンをもって撤退。
 
 
2021年春には
「コスチューム プレー(COSTUME PLAY)」という
ドレスキャンプの世界観と通じる華やかなデザインの
男女向けレザーグッズブランドを立ち上げ、
このブランドのデザイナーとして活躍。
 
 
 
 
桂由美さんと一緒に写っている写真

 


 
関連人物

 
 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る