digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

青木明子(Akiko Aoki)

 
 
参考文献
LVMH PRIZE公式サイト
https://www.lvmhprize.com/designer/akikoaoki/
東京コレクション公式サイト
https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/brands/detail/akikoaoki/
毎日ファッション大賞公式サイト
https://macs.mainichi.co.jp/fashion/
AKIKO AOKI公式サイト
https://www.akikoaoki.com/
 
 


 
 
デザイナーの顔写真/映像

 
 
1986年生まれ・東京都出身の日本人女性デザイナー。
 
厳格な決まりのあるエスカレーター式のキリスト教系学校に通う中、
好きな服を着用する事や着たい服を自分でデザインする事に強い関心をもつようになる。
 
そんな厳格なエスカレーター式学校で幼稚園から高校時代まで
約15年過ごしたのち、「女子美術大学」に入学。
 
2009年に女子美術大学のファッション造形学科を卒業したのち、
渡英して世界的な服飾/美術系専門教育機関である
ロンドンのセントマーチンズ美術大学に入学。
 
セントマーチンズで高い技術を学んだのち帰国し、
リトゥンアフターワーズの山縣良和が主宰する
「ここのがっこう」という教育機関においてファッションビジネスのイロハを学んだ。
また、ここのがっこうでの講師を務めていた坂部三樹郎による
国際的ブランド「MIKIO SAKABE」とスタッフとしても、短期間ながら経験を積む。
 
様々な技術・知識をよく学んだのち、満を持して
2014年に自身の名を冠した「AKIKOAOKI」というレディースブランドを創設。
 
そしてまず、東京コレクション内の若手合同ショー
「東京ニューエイジ」を通じて、東京コレクションにデビュー。
 
合同ショー参加を経て2017年春開催の2017-18AWシーズンからは
単独で東京コレクションに参加するようになり、
デザイナー・ブランドの名前が幅広く業界・一般層の間で認知されるようになる。
 
そんな中、この高い能力を持つ若手日本人なデザイナーの存在は
瞬く間に海外でも高い評価を受ける存在となり、
2018年2月には世界最大級の若手デザイナー向けコンクール
「LVMH PRIZE」にて同じく日本人の井野将之氏や
既に世界で活躍し始めている海外デザイナー達と共にセミファイナリストに選出される。
 
惜しくもファイナリストに残る事は出来なかったが、
LVMHグループ主催のLVMH PRIZEにてセミファイナリストになった事で
デザイナー・ブランドの存在は世界的な存在となった。
(ちなみに、この年のLVMH PRIZEグランプリはdoubletの井野将之さんが受賞している)
 
 
2月にLVMH PRIZEのセミファイナリストに選出された事に続き、
2018年の秋には国内デザイナー業界における最高ランクの賞である
「毎日ファッション大賞」の第36回・新人賞に選ばれた事で
ますます国内における知名度・評価が向上した。
 
 
2019年以降は東京コレクションのほか、
かつて学んだロンドンで開催されるロンドンコレクションなど
海外コレクションには参加しておらず、
単独でコレクションを発表を行う形が続いている。
 
 
 
2018AW東京コレクション公式映像

 
 
 
 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る