digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

小野原誠(Motonari Ono)

 
 
参考文献
東京コレクション公式サイト
 
 
小野さんの顔写真(左側の黒縁メガネの男性)

 


 
 
 

初期キャリアから2000年代後半

 
1981年生まれ
静岡県富士市出身。
 
 
2002年春に目白デザイン専門学校を卒業。
 
その後、渡英してLondon College of Fashion Foundation(LCF)に入学。
LCF卒業すると今度はベルギーに渡り、
1600年代に創設された世界最高ランクの服飾教育機関、
アントワープ王立芸術アカデミーに入学。
 
在学中にロンドンコレクションに参加するBora Aksuという
トップデザイナーとの出会いがきっかけとなり、
アントワープ王立芸術アカデミーに関して卒業する事なく中退。
 
そして、中退後は2004年から世界的デザイナーである
Bora Aksu氏のアトリエにて、チーフパタンナーという重要な役割を約1年間務める。
(チーフパタンナーとはデザイナーと同じくらい重要な役割として知られ、
よほど信頼され/能力を高く評価されていないと決して任せてもらえない)
 
 
その後帰国して2006年に自身の会社を設立し、
自身の名を冠した「motonari ono」というレディースブランドを創設。
 
2008年春開催の2008-2009秋冬シーズンには
日本国内で開催される東京コレクションにデビューした。
 
 

2010年代前半(東京コレクションで活躍)

 
 
2010年代に入って東京コレクションのトップデザイナーへと成長する中、
海外進出も本格化し、2010年には世界最大級のファッションコンテスト
「MANGO Fashion Awards」
のファイナリストの一人にに選出され、スペインのバルセロナでコレクション発表を行った。
 
また同2010年11月にはロシア側から招待されて
「AURORA FASHION WEEK」にてコレクション発表を行う。
 
その後も東京コレクションに公式参加する一方、
海外からのオファーを受けて世界中で国際的デザイナーとして大活躍、
 
 
 

2010年代後半以降

 
 
ただ2010年代半ばに入ると東京コレクションにて
大規模なショーは行わなくなっていき、
小規模に写真のみでコレクション発表を行うようなっていった。
 
そして、2016年秋開催の2017年春夏でプレタポルテ(既製服)系イベントである
東京コレクションからは撤退。
 
それ以降はオートクチュール(オーダーメイド)系のデザイナーとして
本格的に活動しはじめ、
度々、その活躍ぶりがニュースになってきた。
 
 
 
東京コレクション公式サイト「motonari ono」ディレクトリ
https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/brands/detail/motonari-ono/
 
 
 

 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る