digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

栗原たお(Tao Kurihara)

 

性別

女性

生年月日

1973年生まれ

出身校

セントマーチンズ美術大学

 
 

セントマーチンズを経てトリコのデザイナーとして活躍

 
 
ロンドンの世界的な専門学校である
セントラル・セントマーチンズを卒業したのち、
川久保玲氏が率いる世界的デザイナーズブランドの企業の
株式会社コムデギャルソン入りし、
2002年にはトリコ2代目デザイナーの渡辺淳弥氏の後継者として
「トリコ(tricot)・コムデギャルソン」の新デザイナーに就任。
 
それにより、社長である川久保氏(トリコ初代デザイナー)より、
渡辺淳弥氏に続く存在として将来を嘱望されるようになる。
 
 

TAOコムデギャルソン時代(2005-2010)

 
 
そんな中、2005年春にはジュンヤワタナベの渡辺淳弥氏に続いて
社内で一つの独立したブランドを任される事になり、
2005年春の2005-2006AWシーズンから、
彼女のファーストネームを冠した「TAO(TAO Comme des garcons)」というレディースブランドがスタート。
 
そして、2005年秋における2006年春夏シーズンからは、
コムデギャルソンやジュンヤワタナベと共に
パリコレのプレタポルテ部門に参加し始める。
(若干32歳でパリコレデビューした)
 
2000年代後半はTAOとtricotの仕事をかけもつ多忙な状態が続いたとされる。
 
 
ちなみに、作風の特徴・エピソードとしては、
コムデギャルソンというと黒をキーカラーとしたブランド/企業ながら
こちらのTAOブランドに関しては、パリコレにおいて
完全に白い生地の作品だけを発表したような事もあった(2007SS)。
また、その他のシーズンに関しても白基調の作品がやや多め。
 
 

TAOブランド終了後

 
2010年秋開催の2011年春夏シーズンまで
5年間に渡って休むことなくパリコレに参加し続けてきたが、
この2011SSシーズンをもってブランドが終了し、パリコレから撤退。
 
その後は、トリコブランドに戻り、
同ブランドの専任デザイナーとして再始動する事になったと世界各地のメディアで報道された。
 
 

トリコの改名により新星TAOのデザイナーに

 
 
トリコラインの活躍し続ける中、
2021年秋にはTAOコムデギャルソンが復活するのではなく、
栗原たおによるトリコ・コムデギャルソンが改名し、
「TAO(タオ)」という一つのブランドとして
リニューアルされる事になり、再び国内のメディアから脚光を浴びる。
 
 
 


 
関連人物
川久保玲
渡辺淳弥
 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る