digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

松本与(Ato Matsumoto)

 
参考文献
東京コレクション公式サイト
https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/brands/detail/ato/
 
 


 

性別

男性

生年月日

1962年8月30日生まれ

出身

東京都

出身校/学歴

不明

配偶者

井川遥(女優)

 
 

松本与氏の歩んできた華麗な歴史

 
 
工業系の大学に通いながらもファッションの道にも興味を持っていた中、
アメリカに留学できる事が決まり、現地の服飾系教育機関に通う機会に恵まれた。
 
帰国して大学を卒業してからファッションデザイナーとして
活動し始める事はなく、まず会社務めをしながら
グラフィックデザインの仕事を通じてデザイン業にかかわりはじめる。
 
その後、1993年にatoというメンズブランドを立ち上げると共に
東京都心の南青山に自身の店舗をオープン。
なお、設立当初のatoというブランドは共同設立者の友人が
デザインを担当して松本氏はビジネス面を担当していたが、
その友人が離脱した事で本格的にファッションデザインの仕事に取り組み始めた。
 
翌1994年にファーストコレクションを発表し、
1990年代半ばからは年2回の東京コレクションに参加。
なお、初期はデザイナー個人の事やブランドコンセプトなど
謎が多いブランドであった。
 
東京コレクションのメンズ系デザイナーとして頂点まで上り詰めたのち、
世紀末の時期からは国際的な活動が本格化していき、
2000年7月にはパリで初のコレクション発表を経験。
 
 
もともとはメンズ専業系であったが
少しずつレディースにも力を入れていき、
2000年半ばから東京コレクションには女性モデルも登場し始める。
 
なお、女性服デザイナーとしても瞬く間に高い評価を獲得し、
2000年代後半にはワールド社の看板ブランドの一つであるINDIVI
外部デザイナーとしても活動し始めた。
(いつ頃、退任したのかは不明)
 
私生活では2006年には女優・井川遥と結婚し、
この事がワイドショーで大きく報道された事で、
松本与というデザイナーの知名度は一躍全国区に。
 
 
2000年代後半から2010年代前半にかけても
東京コレクションのメンズ分野のトップデザイナーとして大活躍。
 
2010年代半ばあたりからは東京コレクション参加が不定期になっていき、
2010年代後半以降は東京コレクション不参加が続く。
 
 
 
 

東京コレクション映像

 
 
2015AWのショー映像(フィナーレにデザイナー登場)

 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る