digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

池田ノブオ(AURICULA/アウリクラ)

 
 
 

生年月日

1948年(昭和23年)9月15日生まれ

出身地

東京都

出身校

桑沢デザイン研究所

主な職歴

MILK BOY

PERSON'S

 
 

初期キャリア(学生時代からMILK BOY時代)

 
1948年生まれ・東京都出身。
 
もともとは写真を学ぶ若者であったが、
師事していた稲葉治教授(東京造形大学)のすすめにより、
1975年に国内有数の服飾専門教育機関である桑沢デザイン研究所に入学。
 
桑沢デザイン研究所のドレス科で様々な技術を学んだのち、
30歳を迎える1978年に卒業し、
大川ひとみ氏が経営する会社に入り、
MILKのメンズ版にあたるMILK BOYの仕事をするようになり、
大川氏と共に同ブランドを人気ブランドへと育て上げた。
 
 

1980年代から1990年代(PERSON'S立ち上げ/レナウンとの深い付き合い)

 
1980年には大川氏のもとを離れて「PERSON'S(パーソンズ)」を立ち上げ、
今度はこのパーソンズブランド各ラインを大成功させた。
 
1982年にはナルミヤと共同で自身の名を冠したブランド
「K-FACTORY BY NOBUO IKEDA」を立ち上げ、
デザイナーとして海外デビュー(ニューヨーク)を果たした。
 
1985年には東京コレクションの発足と共に
管轄するCFD(東京ファッションデザイナーズ協議会)の会員となったほか、
1986年には国内最大級のアパレル企業・レナウンと契約する。
 
その1986年にはレナウンとの協業で
「RENAISSANCE BY NOBUO IKEDA」
というブランドを立ち上げたほか、
渡米してアメリカを拠点としてデザイナーとして活動するようになった。
 
2年間のアメリカ生活を終えて1988年に帰国すると
今度はレナウンと共に子供服ブランド
「I.N. EXPRESS BY NOBUO IKEDA」
(アイ・エヌ・エクスプレス・バイ・ノブオイケダ)
を立ち上げ、川久保玲・山本耀司・大川ひとみなどと共に
東京コレクションのトップデザイナーとして活躍。
 
 
 
1993年にはレナウンと共にカジュアルブランド
「タイフーン」を創設したほか、
I.N. EXPRESS BY NOBUO IKEDAのベビーラインもスタートさせた。
 
 
 

21世紀に入ってからの活躍

 
 
2000年代には主に子供服大手のナルミヤの提携デザイナーとして活躍。
 
2010年代に入るとレナウンとの関係が深いアパレル企業、
株式会社ルックとの提携により、
主婦層をターゲットとした「AURICULA(アウリクラ)」
というブランドを立ち上げほか
翌2012年にはアウリクラのハイラインとして
「AURICULA by NOBUO IKEDA」をスタートさせ、
世界的なテレビ通販ネットワークであるQVCを通じ、
主婦層から絶大な支持を集めるデザイナーとなった。
 
 
高田賢三や三宅一生・川久保玲のように
パリコレ・ミラコレで華々しく活躍したわけではないが、
元上司である大川ひとみや吉田ヒロミ、花井幸子、太田記久などと共に、
1980年代・1990年代における日本人最高峰デザイナーの1人として数えられている。
 
 
 


 
関連人物

 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[海外系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 
[国内系]

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]

 
サイト内検索

 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る