DCブランド

 

 

DCブランドとは、

1980年代の日本で大流行した個性的なデザインのブランド群の事。

 

Dはデザイナー

Cはキャラクター

で、「デザイナーズ&キャラクターブランド」の略。

 

具体的には、シンプルなデザインのブランドとは対照的に

デザイナーの名前や作風を前面に押し出した前衛的なブランドが該当する。

 

 

具体的には、

  • ピンクハウス(金子功)
  • コムデギャルソン(川久保玲)
  • MILK(大川ひとみ)
  • ニコル(松田光弘)
  • タケオキクチ(菊池武夫)

などが代表的な存在。

国内のファッションショー(東京コレクション)や

海外のファッションショー(パリコレクションなど)に参加していたケースが多い。

 

 

1980年代後半に入ってブームが終焉すると、

マンションん一室ですべての業務をこなしていたような小さなメーカー(ブランド)はどんどん姿を消していった。

 

 

なお、和製英語のため、海外ではこの語句は通用しないと言われる。