digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

マルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)

 
 
参考文献
KERINGグループ公式サイト
 
 


 
 

マルコ・ビッザーリ氏のプロフィール

 
KERINGグループの中核を占めるGUCCIの社長兼CEOを務める敏腕ビジネスマン。
長身の人物として知られ、非公式ながら身長は約2mあると言われている。
 
 
マルコ・ビッザーリの顔写真(写真左側の男性)

 
 
1962年にイタリアで誕生。
 
University of Modena and Reggio Emilia卒業したのち、
アクセンチュアのコンサルタントとして働き始める。
 
1990年代前半から2000年代前半にかけては、
Mandarina Duck Groupという組織で様々な役職を経験。
 
2004年から2005年にかけては、
パリコレクションに長く参加するプレタポルテブランド
「マリテ+フランソワ=ジルボー」にてGM(ジェネラル・マネージャー)として活動。
 
 
そんなマルコ氏がきGUCCI中心としたコングロマリット、
KERING(旧PPR)に加入したのは、
GUCCIの業績をV字回復させたトム・フォードやとドメニコ・デ・ソーレがメゾンを去ったあととなる2005年の事。
 
 
そして、まずはステラ・マッカートニーの社長/CEOとして手腕を発揮。
 
続いて2009年から2014年までは5年間に渡って
Bottega Venetaの社長/CEOとして活躍。
 
その後、2015年1月にGUCCIの社長/CEOに就任。
その当時のGUCCIは再び業績低迷に見舞われていたが、
就任と同時期に、様々な選考過程を経てGUCCIで長く働いてきた
イタリア人のアレッサンドロ・ミケーレを
GUCCIの新たなクリエイティブ・ディレクターに指名し、
彼の斬新な作風を武器としてGUCCIブランドのイメージを刷新する事に成功。
 
それにより若者層をはじめとしてファン層が広がり、
見事にGUCCIの業績躍進に貢献してきた事で
ビジネスマンとしての高い能力に注目が集まるようになった。
 
 
 
 

参考データ(GUCCIの売上高推移)

 
38億9,800万ユーロ(4,872億円、同)、11.5%増
 
 

2014年度

約34億ユーロ

就任前の状況

公式データないため、2015年度のデータから算出

2015年度

38.9億ユーロ(約4800億円)

前年比11.5%UP

2016年度

43.7億ユーロ(約5200億円)

前年比12.3%UP

2017年度

62.1億ユーロ(約8300億円)

前年比41.8%UP

2018年度

82.8億ユーロ(約1兆円)

前年比33.3%UP

2019年度

96.2億ユーロ(約1.15兆円)

前年比16.2%UP

2020年度

74.4億ユーロ(約9500億円)

前年比22.7%DOWN

 
 
2020年度に関しては高級ファッションビジネスのKERING/GUCCIに対して
COVID-19問題が湧き起こり、低迷。
 
しかし、2015年1月に社長/CEOに就任してからのGUCCIの躍進ぶりは目覚ましく、
2014年度と2019年度を比較すると、3倍近くまで売り上げが増加
 
 
 
 

 

 

 


 
一般的な用語(雑誌/トレンドetc)

 
 
 
 


 
ハイファッション系

 
 
 


 
人物/会社関連

 
 


 
業界誌系/業界用語

 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る