パルコ

パルコの歴史や店名由来

 

 

 

ファッションビル大手。

セゾングループ。

 

まずはじめに、1953年に池袋ステーションビルという会社が設立される。

その翌年には駅ビル運営から百貨店事業へと業務内容を変更。

 

1957年には(株)東京丸物へと商号変更。

そして、同年12月から「東京丸物」という名前で百貨店業をスタートさせた。

 

 

その後、百貨店という業態ではなく

ファッションビルという業態になる「パルコ」を開発し、

1969年に1号店「池袋パルコ」を開業。

 

 

1970年代からは首都圏を基盤としながら全国に店舗網を拡大し、

マルイと並ぶ全国有数のファッションビルチェーンへと成長。

 

 

1988年には東証2部から1部へと昇格した。

 

 

 

21世紀に入っても成長を続けていたが、

2012年2月に大丸・松坂屋から成る

Jフロントリテイリングの持分法適用会社となる。

その半年後となる8月には、Jフロント社がパルコ社の

株式を買い増し、65%を取得した事でJフロント社の連結子会社となった。

 

 

 

パルコ(PARCO)という店名は、

"公園"という意味をもつイタリア語"PARCO"に由来。