digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

児島幹規(Nikinori Kojima)

 
 

生年月日

1968年生まれ

出身地

岐阜県

学歴/出身大学

専修大学

主な職歴

世界文化社「Begin」編集長

世界文化社「NEN'S EX」編集長

文化出版局「装苑」編集長

 
 
 
顔写真

 
 
 
 

世界文化社時代

 
 
 
専修大学在学中から複数の出版社にてインターンを経験。
専修大学の経済学部を卒業したのち、1992年に中堅出版社の世界文化社に入社。
入社と共にファッション誌寄りのモノ系雑誌「Begin」の編集部に配属された。
 
2004年に「Begin」の編集長に就任すると、
当時は出版業界が右肩下がりの状態に入って来た状況ながら
圧倒的な能力で「Begin」の人気アップを大きく下支えし、
その高い能力が出版業界・ファッション業界内にて注目される。
 
「Begin」のカリスマ編集長として名を馳せたのち、
2009年には世界文化社のスーツ/ジャケット系ファッション誌
「MEN'S EX」の編集長に就任し、こちらの役職でも活躍。
 
 
 

文化出版局に移籍

 
2013年9月に約20年働いてきた世界文化社を退社したのち、
その翌月には世界的な服飾専門学校「文化服装学院」を経営する
学校法人文化学園の出版部門にあたる「文化出版局」入りし、
出版事業部のトップに就任。
 
もともとは雑誌の編集長として招かれたわけではなかったが、
理事長から懇願されて歴史あるモード系ファッション誌「装苑賞」の編集長にも就任した、
 
 
2010年代に入ってからファッション誌を取り巻く状況が
一段と厳しくなっている中、伝統ある「装苑」を
独自の感覚で時代に合った紙メディアへと見事にリニューアルし、
以前より幅広い人々に読まれる紙雑誌へと進化させた事で、
編集者としての評価を、より高めた。
 
 

近年は幅広く活動

 
 
カリスマ・児島氏には幅広い分野から様々なオファーが舞い込むようになり、
近年ではWWDKAPAN編集長・向千鶴氏などと共に
毎日ファッション大賞の審査員を務めるほか、
秋田公立美術大学の客員教授としても活動しており、教育者としての側面ももつ。
 
 
 
 
 
 

 

 

 


 
一般的な用語(雑誌/トレンドetc)

 
 
 
 


 
ハイファッション系

 
 
 


 
人物/会社関連

 
 


 
業界誌系/業界用語

 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 
 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る