ファーストリテイリング/小郡商事

歴史


 

1949年春に柳井正さんの父が、

山口県宇部市で紳士服店「メンズショップ小郡商事」を開業。

 

その後、1963年に小郡商事という会社を設立。

 

息子の正氏が経営するようになったのち、

1984年にユニクロ1号店が広島にオープン。

少しずつ店舗網を拡大していった。

 

 

そして、上場に向けて動き始めた時期にあたる

1991年に社名をファーストリテイリングと改称。

 

1994年に上場。

 

 

 

 

ファーストリテイリングという社名の由来


 

 
ファーストは、

first
ではなく
fast=速い

retailing=小売業

を意味。

つまり、市場のニーズに素早く対応する小売業を目指す

という気持ちを社名に込めたもの。