インターナショナル・ウールマーク・プライズ

主催者情報


 

 

 

LVMH Prize

ANDAM賞

あたりと並ぶ、世界最大級の若手デザイナー向けコンテスト。

 

これまでたくさんの優秀なデザイナーを輩出してきた。

 

 

[主催]

ザ・ウール・カンパニーオーストラリアの非営利法人である

「オーストラリアン・ウール・イノベーション」

の子会社というポジション。

 

 

 

[ウールカンパニーの仕事]

  • 約6万のウール関連業者に対して資金協力を行う
  • ウールの需要喚起
  • テキスタイル/ファッション産業のマーケティング/研究

 

 

 

 

 

 

 

インターナショナル・ウールマーク・プライズ詳細


 

 

[歴史]

1953年初開催

 

 

[開催目的]

メリノウールの素晴らしさを世界に向けて紹介している

世界中の若い才能にスポットを当てる。

それによって最終的にウールの需要を拡大する。

(ウール需要喚起が絡む事がLVMH prizeやANDAM賞との明確な違い)

 

 

[応募要項]

公募制で推薦制ではない。

世界中のデザイナーが応募できる。

 

 

[ファイナルの開催]

2月頃

(その前の年にファイナリストがまず発表される)

 

 

[賞金(2020年時点)]

優勝者1名=20万オーストラリアドル

 

 

[審査員]

世界中のトップを歩む業界関係者。

(世界的デザイナーやアーティスト・雑誌編集長など)

最初の段階から生前のディオールやジバンシィが審査員に名を連ねていた。

 

 

 

 

 

過去の主な受賞者


 

最初の頃はコンテストのタイトルが異なる。

 

  • ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(1953年/第1回)
  • カール・ラガーフェルド(1954年/コート部門)・・・・・受賞後にバルマンに就職
  • イヴ・サンローラン(1954年/ドレス部門)・・・・・この受賞によりディオール社からのスカウトを受けたとされる
  • ジョルジオ・アルマーニ(1989年/1992年)
  • ロメオ・ジリ(1990年)
  • ラウル・ミシュラ
  • ガブリエラ・ハースト
  • エドワード・クラッチリー(2019年)