digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

リヴゴーシュ/リヴドロワ(パリの左岸/右岸)

 
 
パリの文化・ファッションに関連する用語。
"イヴサンローラン・リヴゴーシュ"というブランド名に登場する単語として有名。
 
 

rive gauche/rive droiteの意味/特徴

 
 
フランスの首都・パリは、円形の形をしていて
東京23区より3つ少ない20区に分かれている。
(円の左右にブローニュの森とヴァンセンヌの森がある)
 
 
パリ20区の図
 
フランス・パリ20区の位置が分かる画像

 
「時計回り」で巻貝のように20区が配置されているのが特徴、
 
その中央部をほぼ左右に流れているのがセーヌ川。
 
 
そして、
  • rive gauche(リヴ・ゴージュ)=左岸
  • rive droite(リヴ・ドロワ)=右岸

 
を意味し、パリにおいては

  • リヴゴーシュ=セーヌ川の左岸地域(正確には南側と言える)
  • リヴドロワ=セーヌ川の右側地域(正確には北側と言える)

 
を意味する。
 
 

パリにおける左岸/右岸の違い

 
 

  左岸
(rive gauche )
右岸
(rive droite)
該当区 5・6・7
13・14・15区
(計6区)
1・2・3・4
8・9・10・11・12
16・17・18・19・20区
(計14区)

観光地

少ない 多い

関連文化
(関連ワード)

芸術
学問(教育)

観光
経済
金融
商業
政治
芸術


大まかな
全体雰囲気

ある程度
落ち着きがある
華やか
(特に中心部)

主な観光地

エッフェル塔(6区)
凱旋門
シャンゼリゼ通り
コンコルド広場
ルーヴル美術館
オペラ・ガルニエ
シャネル本店
グラン・パレ
ノートルダム大聖堂
PSGホームスタジアム


治安

良いと言われる 悪いと言われる

関連する服飾文化

プレタポルテ
(高級既製服/幅広い人々が買える)
オートクチュール
(高級注文服/一部の富裕層向け)

 
上記のように、おおまかながら色々な違いがあり
 
 
 

イヴサンローラン・リヴゴーシュ

 
 
1960年代当時の右岸(リヴ・ドロワ)は、
富裕層で賑わう高級なイメージのエリア。
あの有名なシャネル本店も右岸・1区のカンボン通りに位置する。
 
それに対して1960年代初頭にパートナーのピエール・ベルジェと共に
"イヴサンローラン"というオートクチュールブランドを設立したサンローラン氏は、
幅広い人々に開かれたプレタポルテのニーズが高まる中、
1966年に富裕層だけでなく幅広い人々を対象にしたプレタポルテ(既製服)ラインを
立ち上げるにあたり、ライン名に高級なイメージの
右岸(リヴ・ドロワ)
とは異なる文化をもつ
左岸(リヴ・ゴーシュ)
という名称を入れた。
 
そんな大衆向けのリヴゴーシュというラインは、
1970年代にKENZOなどと共に、パリコレにおいてプレタポルテの代表的なブランドへと成長した。
 
 
 
 
 
 

 
 

 


 
一般的な用語(雑誌/トレンドetc)

 
 
 
 


 
ハイファッション系

 
 
 


 
人物/会社関連

 
 


 
業界誌系/業界用語

 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る