digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

山井太(Tohru Yamai)

 
 
参考文献
スノーピーク公式サイト内の一般公開資料
 


 
 

  • 生年月日
    • 1959年12月18日生まれ
  • 出身地
    • 新潟県
  • 出身大学
    • 明治大学(東京)
  • 父親
    • 山井幸雄(スノーピーク前身企業の創業者)
    • 山井梨沙(2020年春からの新社長)

 
 
 

生い立ちから商社勤務時代

 
 
1959年12月、前年に金物問屋として山井幸雄商店を開業した父のもとに
新潟県三条市にて生まれる。
 
その年から山井幸雄商店はアウトドア用品の開発・販売に着手し、
幼少期の1963年には「スノーピーク」が商標登録された。
 
その後、個人事業の山井幸雄商店は1963年に有限会社山井商店として法人化され、
太氏が10代前半の少年であった1971年には株式会社ヤマコウへと商号変更。
 
 
高校を卒業して家業に入る事はなく、
上京して東京の明治大学に進み、
大学を出ると1982年汁に外資系商社である
リーベルマン、ウェルシュリ―&Co. SAに入社。
 
 

1986年にヤマコウ(のちのスノーピーク)入社

 
 
約4年に渡る商社勤務で様々な経験を積んだのち、
1986年夏に父が経営する株式会社ヤマコウに入社し、
1989年からは同社の役員として活躍。
 
1992年8月にはヤマコウの副社長となり、
1996年には代表取締役社長へと昇進。
また、この時期に株式会社ヤマコウという会社を
株式会社スノーピークへと改称させた。
 
36歳という若さで社長に就任して以降、
社長として大活躍し、2014年には同社を上場会社へと育て上げる。
 
また、2014年9月には「カンブリア宮殿」一度目の出演を果たした。
 
 

還暦を迎えて社長職を娘に譲る

 
約四半世紀に渡ってスノーピークの社長として活躍してきた太氏ながら
兼ねてから「還暦を迎えたら社長職から退く」と決めていた中、
2019年末に60歳を迎え、翌2020年春には
2012年にスノーピーク入りしてからアパレル事業の躍進に
大きく貢献してきた娘の梨沙氏に社長職をバトンタッチ。
 
自身は代表権をもつ会長という立場になり、
スノーピーク社を見守る立場となった。
 
娘の梨沙さんの活躍にてスノーピークに対する注目度がますます高まる中、
2021年10月にはテレビ東京系「カンブリア宮殿」に再び取り上げられ、
7年ぶりに同番組に出演した。
 
 
 
2019年に出版した著書
「スノーピーク「楽しいまま! 」成長を続ける経営」

 
 
 


 
関連人物

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 


 
一般的な用語(雑誌/トレンドetc)

 
 
 
 


 
ハイファッション系

 
 
 


 
人物/会社関連

 
 


 
業界誌系/業界用語

 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 
 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る