杉野芳子(Yoshiko Sugino)

 

 

ドレメことドレスメーカー学院の創始者。

 

 

 

杉野芳子さんのプロフィール


 

 

1892年(明治25年)3月に千葉県で生まれる。

若い頃にアメリカに渡り、現地で様々な技術を習得して帰国。

 

1926年(大正15年)春、

東京に「ドレスメーカー・スクール」を創設。

その年の秋には「ドレスメーカー女学院」へと改名した。

1931年には学校が東京都からの認可を受ける。

 

1935年(昭和10年)には、学校創立10周年を記念して

日比谷公会堂でショーを開催したが、

これは国内初の日本人によるファッションショーと言われている。

 

 

 1939年(昭和14年には)、国内初のスタイル画教室を開いた。

 

 

 第二次大戦後も女子専門の服飾学校として

ドレスメーカー女学院の権威は高まっていき、

1978年夏に創始者がなくなってからも発展を続ける。

 

1988年からは全科において男子生徒も受け入れ始めて

学校名を「ドレスメーカー学院」と改めた

 

 

なお杉野氏は生前、著者として様々な教材系書物を出版している。

 

 

 

 

 

ドレスメーカー学院の主な出身者


 

  • 村松祐輔(MURRALクリエイティブディレクター)
  • 関口愛弓(MURRALデザイナー)
  • BAJOWOO(99%ISデザイナー)
  • 島田順子(JUNKO SHIMADAデザイナー)
  • 小野塚秋良(zucca元デザイナー)
  • 山口小夜子(モデル)