丸井今井

丸井今井の歴史


 

 

明治5年(1872年)に、

今井藤七[読み方=いまい・とうしち]

という明治時代末期に誕生した越後地域出身の実業家が

まずはじめに札幌で雑貨商の事業をスタートさせる。

 

その2年後となる1874年(明治7年)には

現在の大通公園そばの一等地に呉服店(丸井今井呉服店)を開業。

 

1892年には道南地域の函館に丸井今井呉服店の2号店を開業。

 

 

大正時代の1916年には北海道初の百貨店となる

「今井百貨店」をオープンさせた。

その後、大正時代末期に創業者の今井藤七は死去。

 

 

昭和時代に入ると札幌の店はどんどん大型化していった。

1950年には(株)今井商店から(株)丸井今井へと会社名を変更。

札幌という年の開発と共にさらなる成長を続け、

札幌を代表する百貨店になった。

 

 

2009年には同じく呉服店から百貨店へと進化した歴史をもつ

三越伊勢丹グループ入り。

 

 

 

 

 

丸井今井という店名の由来情報


 

 

今井藤七という人物が創業した丸井今井。

ファッションビル大手の丸井(マルイ)より遥かに歴史が古く、

昭和時代創業のファッションビル・丸井

とグループ会社というわけでもないが、

なぜ明治時代初期に「丸井」という屋号を使いだしたかというと、

明治時代初期には

屋号として「マル(〇)」マークを用いるのが一般的であった中、

今井の"今"ではなく

井戸水から水が湧き出るように会社が発展していくように、

といったような願いから

"井"

という漢字のほうををマルで囲み、

「丸井」という屋号とロゴマークが誕生したそうです。